スマホやPCの見過ぎで背中がカチコチに固まって猫背の姿勢がクセ付いてしまうと、肩や背中がコリやすくなったり、呼吸が浅くなって痩せにくくなったりとボディラインのキープには良くない症状が出てしまうもの。そんな症状を少しでも思い当たる人こそ習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【胸椎ストレッチ】です。

《合わせてチェック》お腹&二の腕のスッキリ感UP。痩せやすい体を作りつつ【華奢見え上半身】に導く簡単習慣

 

【胸椎ストレッチ】

普段なかなか使わずに固まってしまった背中の筋肉をほぐしていくことで、胸椎を解放させて姿勢を整えつつ深い呼吸を目指します。姿勢が良くなると自然にバストトップが高くなるという嬉しい効果も。また、お腹の筋肉も強化できるのでウエスト周りの引き締めにもオススメです。

 

(1)四つん這いになって、腕を肩の幅、脚を腰の幅にそれぞれ開く

 

(2)鼻から息を吸いながら右手を左胸の方へ動かす

 

(3)口から息を吐きながら右手を上に大きく上げる

▲目線はあげた指先に向け、胸を大きく開くように意識します

 

(4)鼻から息を吸いながら右手を左胸の方に戻し、さらに右手を下ろして(1)の姿勢に戻る

 

これを“1日あたり5回を目標”に行い、終わったら反対側も同様に行います。なお、期待する効果をしっかり得るためのポイントは「背中の筋肉がきちんと動くように、できるだけ腕と胸を大きく広げこと」、「常にお腹に力を入れて、お腹を凹ませておくこと」になります。

上写真のように、「腰が反ってしまう」、「肩が上がってしまう」といった体勢で行うのはNGなので、鏡でフォームをチェックしながら行うのがオススメです。

 実践してみると分かると思いますが、背中がグッと伸びて心地良さも感じる【胸椎ストレッチ】。ぜひ普段の習慣に採り入れてみてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>