世界テーマエンターテイメント協会(TEA)とグローバルコンサルティング会社エイコム(Aecom)が入場者数を基準として毎年発表する「世界25大アミューズメント・テーマパーク(Top 25 Amusement・Theme Parks Worldwide)」の順位で韓国の蚕室(チャムシル)ロッテワールド(17位)と龍仁(ヨンイン)エバーランド(19位)が並んで選ばれた。

この調査でロッテワールドは596万人の入場者(2018年基準)を記録し、過去の調査より一段下落した17位を占め、エバーランドは585万人で2ランク下落して19位にとどまった。1位は米ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのマジック・キングダム(2086万人)であり、カリフォルニア州ディズニーランド(1867万人)と東京ディズニーランド(1791万人)などが後に続いた。

昨年、アミューズメント・テーマパークトップ25の総観覧客は2億5199万人で、過去の調査に比べて3.3%増加した。この中で前年より観覧客が減ったところはロッテワールド(−11.2%),エバーランド(−7.3%)や日本大阪ユニバーサル・スタジオ(−4.3%)、ナガシマスパーランド(−0.2%)など4ヶカ所だけだった。特に、ロッテワールドとエバーランドは2017年にも観覧客が大きく減ったことに続き、2018年にも観覧客減少率1、2位となり2年連続で苦戦を強いられていることが分かった。

報告書は「昨年はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、マーリン・エンターテイメンツなど全世界10大テーマパークグループの観覧客の数字が初めて5億人を超えてグローバルテーマパーク産業に節目の年となった」と評価した。

しかし「韓国の場合、ロッテワールドとエバーランドなどほとんどの遊園地の観覧客数が大幅に減った」とし「これは政治的な理由にともなう中国観光客の減少によるもの」と説明した。