政府は2015年10月の月例経済報告で、景気の「総括判断」について、9月の「一部に鈍い動きもみられる」という表現から、「このところ一部に弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」に引き下げた。14日に発表した。景気判断の下方修正は、消費増税の影響が続いていた2014年10月以来、1年ぶり。「緩やかな回復」という基調は維持したが、景気全体の表現は3か月連続で下向きに変えた。中国経済の減速や国内の個人消費低迷を