大塚久美子社長

写真拡大 (全3枚)

 11月14日、大塚家具が第3四半期(2019年1〜9月期)決算を発表した。最終利益は30億6200万円の赤字――もはやこの程度の赤字に驚く方もあまりいないかもしれない。

 ところが、第1四半期から膨らみ続ける赤字を前にしても、来年4月期には黒字にするという業績予想は据え置くという。これには驚きと同時に呆れる声が――。

 ***

 まずは2020年4月期の業績予想と、今年発表された第1四半期(19年1月〜3月)、第2四半期(1月〜6月)、第3四半期(1月〜9月)の決算をご覧頂こう。

 今年、大塚家具が大きく変わったのは決算期だ。これまでの12月31日決算を4月30日に変更したのだ。つまり今年だけ、1月から来年4月までの16カ月間の決算となる。さらに例年2月頃に発表していた業績予測は、5月の発表となった。

大塚久美子社長

 ジックリと考えたと思われる業績予測は、売上高442億円、最終損益2500万円の黒字を見込んでいた。

 しかし、その予測は第1四半期から崩れはじめた。単純計算で、ひと月27・6億円、3カ月で82・8億円を売り上げなければならないはずだが、第1四半期の売上は68億3000万円、8億2800万円の赤字に。第2四半期も同様で、この度発表された第3四半期では、売上210億300万円、30億6200万円の赤字となった。

 事情通が語る。

「大塚家具なら、この程度の赤字は驚くに値しません。しかし、今回の発表で業績予測を据え置くと発表したのにはビックリしたというより呆れましたね。曲がりなりにも、決算短信は投資家やマーケットが企業の判断材料とするものです。にもかかわらず、来年4月の決算で予測通りの結果を出すには、残りの7カ月で、これまでの9ヶ月間の売上(210億円)よりも多い231億円を売り上げなければいけないわけです。これはひと月に33億円を売り上げなければ達成できません。ここまで予測と食い違いを見せておきながら、下方修正もしないなんて、何を考えているのやら」

19年度(19年1月〜20年4月)損益計画(単位:百万円)

 大塚家具の業績予測が、現実とかけ離れた“絵に描いた餅”であることは言うまでもない。過去の業績予測と結果を見てもらおう。比較しやすいように過去の第3四半期のデータも入れた。ちなみに大塚久美子社長(51)が全権を担うことになったのは15年3月の株主総会からだ。

大塚家具業績予想と業績の推移(単位:百万円)

 各年の第3四半期を見ると、久美子社長が就任して以来、5期連続で赤字を計上していることが分かる。

「それでも15年は、世間を騒がせた親子ゲンカの“お詫びセール”や年末セールで、最終的には黒字化した。しかし、彼女が黒字化できたのはその年だけです。毎年、黒字を謳いながら、16年には45億円、17年には72億円、昨年は32億円の大赤字を計上し続けてきた。今年の業績予測は、2500万円の黒字と珍しく控えめでしたが、これも達成は不可能でしょう」(同)

父の遺産は使い果たした?

 現在、大塚家具の株価は162円(11月18日現在)。意外にも決算発表から、さほど変化はないのである。

「みなさん、折り込み済みということでしょう、大塚家具の業績予測がアテにならないことなんて。市場も動揺しませんよ。今年5月に予測を発表した時、久美子社長は『店の見直しで、秋口から売上が立つ体制にできる。セールではない販売促進をする』と力説していました。つまり、既存店舗を減らし、経費を削減、10月の消費増税前の駆け込み需要も見込んでいました。しかし、5月の仙台ショールームはじめ直営店3店舗、提携店1店舗も減らしたことで、駆け込む店がなくなってしまったのかもしれません。月次の店舗売上高(全店)を見ると、9月は前年比104・9%とやや上向いたが、10月は前年比69・9%と目も当てられない状況です。これまで、度々、セールをやっては、その反動に苦しめられてきた大塚家具ですが、駆け込み需要があれば、その反動もあるということは考えなかったようですね。10月分は第3四半期に計上されませんから、業績予測からさらに遠ざかることになります」(同)

 ではなぜ、下方修正をしなかったのだろう。

「決算短信には相変わらず、耳障りがよさそうなことばかり並べています。《リアルからバーチャルへの領域拡大》《BtoCからBtoBへの領域拡大》《国内から海外への領域拡大》が三本柱。要するに、実店舗よりもネット通販へ、一般客から企業間取引へ、中国のネットビジネスの展開というわけです。毎度のように、こんなにやってます!というアピールばかりで、これまで結果が出たためしがない。中国のネット販売も、11月11日の“独身の日”の売り上げを見込んでいたそうですが、全く売れなかったと聞きます。そんな業績予測ですから、今さら計算し直すのもバカらしくなっているんじゃないでしょうか。もしくは、どうせ決算は来年4月だからまだ時間がある。それまでに何かいいことが起こるかもしれない、なんてのん気に考えているとしか思えません。この業績を目の前にして、このままで良しとする材料などひとつもないのですから」(同)

 来年4月までに、“いいこと”は起こるだろうか。

「それどころか、4月まで会社が持つかどうか。増資により38億円を調達できる見込みが、結局26億円にとどまりました。さらにキャッシュも減り続けています。6月末の決算時には31億960万円あった大塚家具の現預金残高は21億9000万円と10億円以上も減っている。さらに昨年借り入れた13億円の返済期限を今年7月に迎え、今期は8億円の長期借り入れもしています。やはり毎月4〜5億円のキャッシュの流出が続いていると考えられます。となれば、年内で米びつは尽きかねないという状況は変わりません。12月末には10億円を切るでしょう。8億円の長期借り入れができたのは、ある意味、大したものですが、前回は13億円が借りられたのに、現金が喉から手が出るほど欲しい今、8億円しか借りられなかったと考えることもできます。さらなる資金調達ができなければ、いよいよヤバいでしょう」(同)

 それを察したか、社員も減っているようだ。

「第2四半期の発表後、社員はおよそ1080人と報じられた。昨年末には1264人いた社員が、半年ほどで180人、つまり1日1人が辞めている計算です。もはや櫛の歯が欠ける、なんてレベルではありません。従業員もある意味、久美子社長の父・勝久氏(76)の遺産だったはずです。株、土地、キャッシュという遺産も、株は手放さざるを得なくなり、土地も創業店も売却した。さらにキャッシュも減り続けている。こんなことになる前に、久美子社長がやるべきことは色々あったはずなんですがね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年11月21日 掲載