御嶽山噴火の犠牲者遺族 警戒レベルを据え置いた気象庁に納得できず

ざっくり言うと

  • 御嶽山の噴火から27日で1年が経ち、読売新聞が遺族に取材している
  • 納得できないのは気象庁が噴火警戒レベルを「1」に据え置いたことだという
  • 取材に応じた遺族18人のうち14人が、同庁の対応に「不備があった」と答えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x