20日、アジア競技大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の魏紀中・終身名誉副会長は、韓国・仁川大会の開会式に苦言を呈した。写真は開会式。

写真拡大

2014年9月20日、アジア競技大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の魏紀中(ウェイ・ジージョン)終身名誉副会長は、韓国・仁川大会の開会式に苦言を呈した。環球時報が伝えた。

【その他の写真】

19日に行われた開会式は、韓国映画界の巨匠、イム・グォンテク氏が総監督を担当し、著名な韓流スターが出演した。

だが魏氏は、開会式の演出について「韓国人を意識したものであり、外国人の多くが韓国の文化や歴史、俳優や歌手などをよく知らない」と指摘。

その上で、「成功を収める開会式とは、見る人に衝撃を与えるものでなければならないが、今回そのような感覚を覚えた外国人は少ないだろう」とし、「開会式は誰に見せるものなのかを、演出者はよく理解していないようだ」と苦言を呈した。(翻訳・編集/NY)