NY満喫の夫婦

写真拡大 (全3枚)

“開き直り”のような行動

 図らずも、ニューヨーク州司法試験にみたび挑む破目になった小室圭さん(30)。結果に注目が集まるが、秋篠宮さまは関心をお持ちでなく、また、仮に不合格となってもNY在留は安泰だという。

 ***

【写真】半袖・デニム 初夏の装いでNY生活を満喫する小室夫妻

 現地のジャーナリストによれば、

「先日も英紙『デイリーメール』に眞子さんと仲睦まじく歩く姿をキャッチされていましたが、現在、夫婦の住むアパート前にはパパラッチが頻繁に出現しています。それも路上に停めた車から狙うのではなく、行く手に立ちはだかって撮影し、行先まで追いかけている。小室さんも慣れていて、撮影者を一瞥(いちべつ)しながらも無視を決め込み、撮られているのを承知で眞子さんと指を絡め合うなど“開き直り”のような行動に出ています」

NY満喫の夫婦

 メディアのあしらい方も板についてきたわけだが、そんな彼でも正念場は避けられない。昨年5月にはフォーダム大ロースクールを修了、これと前後し“生活の基盤が整った”という触れ込みで眞子さんとの結婚準備を進めてきたものの、

「こうした見通しが、すべて“取らぬ狸の皮算用”だったことが露見しました」

 とは、さる皇室ジャーナリストである。

「昨年7月の試験に続き、今年2月の再挑戦も失敗に終わった小室さんは、結果が知らされた4月中旬、渡米前に勤務していた法律事務所に『5点足らず無念でした』と伝えている。NY州の司法試験は合格最低点が400点満点で266点。惜しかったと言えなくもありませんが、現実的には仕事を抱えながらの受験勉強は困難を極めます」

秋篠宮ご夫妻

安心して試験に臨むことができる理由

 第一、本人が主体的に国際弁護士を目指しているのかどうかも疑わしいといい、

「昨年10月の入籍会見で眞子さんは『海外に拠点を作ってほしいと私がお願いした』と述べていた。つまりは小室家の金銭トラブルの対処から海外移住に至るまで、すべて眞子さんが主導してきたということ。眞子さんにとって皇族とは重荷でしかなく、皇籍離脱とともに国外脱出を果たすには、小室さんの“協力”が不可欠だったのです」(同)

 試験をパスする実力の有無はさておき、さしあたり小室さんがいれば日常生活には困らない。また肝心の「滞在ビザ」についても、

「小室さんが申請するのは、高度の専門知識が必要な職業が対象の『H―1B』ビザとみられ、すでに今年3月末には抽選が行われました。当選すれば10月から3年間有効で、さらに3年の延長も可能です」(前出・現地ジャーナリスト)

 現時点で抽選結果が公表されておらず、

「小室さんが学生ビザの延長で活用しているとされる『OPTプログラム』の期限が最長で7月には切れてしまうため、8月以降は不法滞在になるのではと危ぶむ声もありました。ですが、最近の夫婦のリラックスした様子から察するに、既にビザを取得しているとみるのが妥当でしょう。そもそも7月末で在留資格が失効するのなら、試験どころではありません」(同)

 今回は安心して臨めるというわけで、さらには、

「小室さんは現在、法律事務所で法務事務(ロークラーク)に就いている。米国では弁護士とともに、このロークラークもまた専門性を要する職業とみなされ、H―1Bビザの申請対象となるのです」(同)

 度重なる不首尾に業を煮やした勤務先が小室さんを解雇する可能性もゼロではないが、引き続き事務員として在留したとしても「合法」だというのだ。

好機をうかがう佳代さん

「パラリーガルのままでもよいですよ」

 ところが、その小室さんの“先の見えない挑戦”を冷ややかにご覧になっているのが、他ならぬ秋篠宮さまだという。秋篠宮家の事情を知る関係者によれば、

「殿下はそもそも、眞子さんの婚約内定報道がなされた5年前の段階で、小室さんの職業にはまるで頓着なさっていなかった。国民から祝われ、新婚夫婦の収入の範囲内で暮らしていくならば他には何も望まない、そんなご方針で推移を見守ってこられたのです」

 実際に、ジャーナリスト江森敬治氏の著書『秋篠宮』(小学館)には、婚約内定報道から間もない2017年6月に秋篠宮邸で取り交わされたやり取りについて、以下のような記述がある。

〈相手の男性が定職についていないという報道があった。男性は、法律事務所にパラリーガルとして勤務している。(中略)中には、年収は三百万円ほどではないかと懸念する記事もあった。しかし、秋篠宮は定職について確認しようとする私を不思議そうに見ながら、「いまのお仕事が定職ですよ」とだけ、さらっと答えた〉

〈国際弁護士を目指しているとも報じられていたが、「そうですかねえ」と疑問視しながら、ぼそっと答えた。彼は、相手の男性の職業について、こだわりがないように見えた。彼は、相手男性が「パラリーガルのままでもよいですよ」と続けた。また、男性が国際弁護士になるか否かは、結婚の条件とはまったく考えていなかった〉──。

合格は“至上命令”ではない?

 先の関係者が続ける。

「現在も殿下は、小室さんの試験の合否には何の関心もお持ちではありません。合格を“成功”とは捉えておられず、吉報を待ち焦がれているとか固唾(かたず)をのんで見つめておられるとか、そうしたことは一切ない。お二人にはただ、世間を煩わすことなく暮らしてほしいと強く願われています」

 が、今に至るまで、その“願い”は成就していない。

「小室さんの現在の年収は約600万円で、弁護士になれば2千万円以上に昇給するとも報じられましたが、そうした収入差についても、殿下はピンとこないご様子です。肩書や収入を得ることは、眞子さんの幸せとはまったく別問題と考えておられるのです」(同)

 すなわち、小室さんがいかに奮起したところで殿下の“お許し”を得ることはかなわないのである。

「殿下のお考えは、渡米前から眞子さんを通じて小室さんにも伝わっています。試験には臨むものの、合格や弁護士資格が必ずしも殿下の“至上命令”ではないと知ってしまった彼は、変わらず“レットイットビー”を貫いています」

小室佳代さんの出番

 さて、ビザや肩書といった「在留資格」とともに、夫婦の絆を深めるのが「新しい家族」である。先の現地ジャーナリストは、

「眞子さんは、マンハッタンの北部・ワシントンハイツ地区にあるコロンビア大学の附属病院でしばしば目撃されています。渡米前に公表した複雑性PTSD関連の治療がメインとみられますが、病院にはもちろん産婦人科もある。またコロンビア大といえば、メトロポリタン美術館の日本美術キュレーターで、眞子さんの“後ろ盾”となっているジョン・T・カーペンター氏の母校。周囲が一丸となってケアにあたっている様子がうかがえます」

 試験の結果にかかわらず夫妻の在留が保証されるとなれば、眞子さんの言う「拠点」はいっそう強固となり、いつ“おめでた”が訪れないとも限らない。NY州弁護士のリッキー徳永氏は、

「米国は出生地主義を採っており、お二人のお子さんが現地で生まれれば日米の二重国籍となります。お子さんが米国籍でも両親のビザ取得が有利になるわけではありませんが、あれだけ注目度の高い小室さんが米国滞在のビザステータスを確保していないとは考えられません。H―1Bビザだとすると、すでに認可が下りていてもいいはずです」

 日本の現行法では、二重国籍の人は20歳までにどちらかの国籍を選ばねばならないのだが、

「米国籍を選べば、子が21歳になると両親も米国永住権を申請できます」(同)

 というのだ。昨秋の入籍会見では「日本に留まりたくない」との思いが端々に溢れており、二人が永住を選んでも何ら不思議ではない。その第一歩となる出産に際し、家族の支援は不可欠。が、異国で暮らす娘の慶事に秋篠宮ご夫妻が駆け付けられるはずもない。そこで、

「小室さんの母・佳代さんの出番です。皇室との血縁を固めるために眞子さんをつなぎ止めたい佳代さんは、積極的に子作りの後押しをしてきました。眞子さんが身重となれば真っ先に渡米し、息子夫婦を支えるのは疑うべくもありません」

 とは、先の皇室ジャーナリスト。

ロイヤルの仲間入りを目指すのか

「無事にお産を終えても、すべてが割高のNYではベビーシッターの賃金も桁外れ。佳代さんが子守り役を買って出て、しばらく留まることも考えられます。その場合、滞在費は眞子さんの1億円ともいわれる皇族貯金を取り崩して捻出されることになるでしょう」

 女手一つで息子を育て上げた佳代さんを、眞子さんは信奉してきた。それはかつて佳代さんが周囲に、

〈眞子さまは私に『母(紀子妃)よりもお母さまのことが好きです』と仰って下さったの〉

 などと打ち明けていたことからもうかがえる。東京家族ラボを主宰する家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏が言う。

「小室さん夫婦に子ができれば、簡単に別れることもできなくなります。上昇志向が強い佳代さんは、皇室と縁続きになることで、セレブではなくロイヤルの仲間入りを果たせるという意識を強くお持ちでしょう」

「週刊新潮」2022年8月4日号 掲載