小泉進次郎環境相が「育児休業」を取得する方針を固めたことが15日、関係者への取材で分かった。第1子誕生後の3カ月間に、合計で2週間程度休業する見通しだ。