今や忙しい日の食事づくりに欠かせないのが「下味冷凍」。特売日にまとめて買っておいたお肉や魚に下味をつけて冷凍しておくだけで、遅く帰った日でも手早くメインおかずが用意できます。
共働きで料理家のぐっち夫婦も実践しているという下味冷凍。今回は、「豚バラ肉」を使った下味冷凍と、活用した「豚キムチ」レシピを教えてもらいました。


飯にバウンドさせると箸が止まらない! 下味冷凍で即完成する豚キムチ

定番おかずも下味冷凍!豚肉とキムチでしっかり漬け込めば絶品豚キムチが完成

「下ごしらえがラク」「おいしさ長もち」とメリットの多い下味冷凍。お肉や魚、調味料の組み合わせでバリエーションは無限大です。

今回は、豚バラ×キムチの鉄板の組み合わせ「豚キムチ」を下味冷凍に! キムチも一緒に漬け込んで冷凍しておけば、お肉にもしっかり味がつきますよ。おかずに迷ったときもこれが冷凍庫にあれば安心!


●豚キムチ漬け(下味冷凍)



【材料】

・豚バラ肉 200g

・白菜キムチ 200g

・しょうゆ 大さじ1

・塩・コショウ 各少々


【つくり方】

(1) 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、ジッパーつき保存袋にすべての材料を入れてもみこむ。

(2) できるだけ平らにし、空気を抜いて封をし、冷凍庫で保存する。


※保存目安は2〜3か月ほどです


●トマトも入れて酸味をプラス!下味冷凍でつくる「豚キムチ」


下味冷凍した豚キムチ漬けを使って、調理をしていきます。一緒に炒める野菜はお好みのもので大丈夫ですが、おすすめは「トマト」! 火をとおしてとろっとなったトマトがさわやかな酸味をプラスし、辛味もまろやかになりますよ。



【材料(2人分)】

・豚キムチ漬け(下味冷凍) 1袋

・キャベツ 1/8個

・トマト(小) 1個

・タマネギ 1/4個

・ニンジン 1/3本

・ゴマ油 大さじ1

・水 大さじ1

・塩・コショウ 少々


【つくり方】

(1) キャベツは一口大のざく切り、トマトは4等分、タマネギは薄切り、ニンジンは細切りにする。

(2) フライパンにゴマ油をひいて弱火で熱し、冷凍のまま豚キムチ漬けを入れ、


水を加えてフタをする。

(3) 解凍されほぐれてきたらフタをあけ、キャベツ、タマネギ、ニンジンを入れて炒め合わせる。

(4) 野菜がしんなりしたらトマトを加えて炒め、全体に味がなじんだら皿に盛る。

[1人前 593kcal]
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年

10月29日に発売の新刊『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん
』(扶桑社刊)では、人気おかずから定番、さらにおつまみまで下味冷凍でかなえるレシピが満載です。下味冷凍のバリエーションがぐんと広がりますよ。

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucchi_fuufu
)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?
」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。新刊『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん
』(扶桑社刊)が10月29日に発売