アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】

写真拡大

中国ファンも大歓声、衣装が青から赤に…日本人ファンも「何度見てもいい」と虜

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。演技中には青の衣装が赤に変わるという仕掛けを披露。第1戦スケートアメリカに続く“衣装チェンジ”の注目度は大きく、国際スケート連盟(ISU)公式インスタグラムは実際のシーンを動画付きで公開し、日本のファンも「魔法にかかった気分」などと虜になっている。

 よりスムーズに、より美しく、衣装を一変させた。演技中盤、シェルバコワがスピンをしながら胸元に手をやる。すると、青の衣装がするすると腰に向かって赤に変化。にっこりと笑みを見せると、前半で2本着氷させた4回転ルッツにも負けずとも劣らない大歓声が降り注いだ。そのまま合計226.04点を叩き出し、堂々のGPシリーズ連勝を達成してみせた。

 実際のシーンをISU公式インスタグラムは「火の鳥が帰ってきた。アンナ・シェルバコワが女子フリーで首位に」と速報し、動画付きで公開。中継で見守っていた日本のファンはネット上で「衣装チェンジ何度見てもいいな…」「ドヤ感があっていい〜可愛い」「毎回新鮮で驚いてしまう」「魔法にかかった気分」などと驚きの声が上がっていた。

 スケートアメリカで披露した際も話題を呼んだ“衣装替え”。今回も圧巻の演技とともにファンの視線をくぎ付けにした。シニアデビュー1年目にして、GPファイナル切符を一番乗りで手にしたシェルバコワ。12月の大舞台でも再び、熱視線を集めそうだ。(THE ANSWER編集部)