保釈された直後、ユーチューバーらしき男から突撃される伊勢谷友介被告(撮影・尾崎 有希)

写真拡大

 大麻取締法違反(所持)罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が30日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 保釈時にはユーチューバーの男性が伊勢谷被告に接近して“直撃”し、警察に連行されるハプニングがあった。報道陣に頭を下げた後、車に向かう伊勢谷被告に対し、男性が清涼飲料水のペットボトルを突きつけ、何かしらを要求。伊勢谷被告は一瞥(いちべつ)したが、警察官が男性を取り押さえた。

 男性は「これって犯罪になりませんよね?お願いしただけなんですけど」と訴えたが、10人ほどの警察官に署内に連行された。一連の様子を撮影していた仲間とみられる女性は、カメラを回したまま署内についていき、警察官に叱責(しっせき)されていた。