現役引退後、さがみはらドリームマッチに出場した岩政大樹氏

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2020年度のS級コーチ養成講習会の受講者16人を発表した。元鹿島アントラーズDF岩政大樹氏をはじめ、Jクラブのコーチ陣らが名を連ねた。

 この講習会カリキュラムを修了し、筆記試験や指導実践などの結果がJFA技術委員会に認定されれば、日本代表やJリーグの監督を務めることができる公認S級コーチライセンスが付与される。

 受講者は以下のとおり(敬称略)

岩政大樹(文化学園杉並中学・高校 外部指導員)

大島康明(鹿児島ユナイテッドFC ヘッドコーチ)

大谷武文(高知ユナイテッドSC 監督)

小野信義(横浜FCユース 監督)

木谷公亮(ベガルタ仙台 コーチ)

倉石圭二(テゲバジャーロ宮崎 監督)

小林慶行(ベガルタ仙台 ヘッドコーチ)

田邊友恵(日ノ本学園高 監督)

中村伸(サンフレッチェ広島 ヘッドコーチ)

朴康造(ヴィッセル神戸SS U-15UMDS 監督)

増本浩平(松本山雅FC コーチ)

三田光(ファジアーノ岡山U-18 コーチ)

安田好隆(大分トリニータ コーチ)

柳沢敦(鹿島アントラーズユース コーチ)

楽山孝志(深圳佳兆业U15 監督)

亘崇詞(岡山湯郷Belle GM兼監督)