フレンチに転身

写真拡大

 イタリアンのカリスマイケメン料理人として2009年ごろから一世を風靡し、数々のレギュラー番組を持つなどタレントとしても成功を収めた川越達也氏(46)。ここ数年はメディアに露出しなくなっていたが、実は水面下で再始動の計画が着々と進んでいた。今度はフレンチに転身し、都内にレストランをオープンさせるのだという。

【別写真】サングラスを外した川越シェフ

 9月下旬の午後3時過ぎ、東京・中目黒の住宅街にある店舗のような建物から、川越氏が足早に出てきた。向かった先は銀座。こちらも飲食店のような建物で、午後7時ごろまでこもり、今度は渋谷へ移動した。店の関係者と思われる数人と合流し、雑貨店で入念に食器選びをしていた。

 川越氏の復活計画を知る関係者A氏によると、年内に中目黒、銀座に2店舗をオープンするという。A氏が言う。

「中目黒は川越さんがオーナーで、銀座はプロデュースですね。中目黒店は創作フレンチです。川越さんといえば創作イタリアンが代名詞ですが、『隣の店舗がイタリアンだから、イタリアンはやめて』って、テナントの大家さんから言われたそうですよ。それで銀座も創作フレンチにしたそうです。実は川越さん、駆け出しのころは大阪のフランス料理店で働いた経験もある。今回は自分で腕を振るうわけではないけど、フレンチの知識もかなりのものです」

 多店舗経営にバラエティー番組出演、料理本は飛ぶように売れ、さわやかな笑顔が「川越スマイル」と人気を博した川越氏。一方で、店の超高級志向がネックとなり、インターネットの飲食店情報サイトに「水だけで800円取られた」と書かれ批判された、“水800円騒動”が巻き起こった。川越氏は「人を年収で判断してはいけないと思いますが、年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあると思うんです」と応戦し、イメージが急降下。バッシングの影響か、都内の店舗は閉店の憂き目にあった。

 2017年には週刊文春の直撃取材に「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがない」と、フェードアウトを宣言していたが、今年8月放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)で3年ぶりにテレビ出演。2016年に再婚した妻、長女と長野に転居したことを明かしていた。そんな川越氏が、東京で再出発するのだ。

 店舗は年内に中目黒でプレオープンする予定だが、「今度の店は、ひっそりとやりたいみたいです」(A氏)という。気になるのは、そのお値段だ。

「中目黒は客単価1万5000円くらいで、銀座は2万円ぐらいだと聞いています」(A氏)

 再び高級路線で勝負に挑むようだ。