写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝は11月29日、中国・大連にある大連東芝テレビジョン社(大連東芝電視有限公司)での生産活動を12月末までに終息すると発表した。

関連記事
東芝、テレビ・PC事業の2013年度下期黒字化を目指した構造改革を実施 (2013年7月26日)

東芝では現在、2013年度下期のデジタルプロダクツ事業の黒字化を目指して、「利益創出に向けた集中と選択の実施」と「軽量経営体質の再構築」を掲げて構造改革に取り組んでいる。大連東芝では主に日本国内向けの液晶テレビを生産していたが、今回の生産終息は自社拠点の集約化によるファブライト化の一環で、海外生産拠点整備の最終段階だという。

今後は生産委託先との協業によりさらなる固定費削減を図る。中国市場向けの製品については、現地企業との協業により引き続き供給を継続するとのことだ。