中国の急死した労働者からハンタウイルス検出 ネズミが媒介する病原体

ざっくり言うと

  • 中国当局は、急死した労働者からハンタウイルスが検出されたと発表した
  • ウイルスはネズミを媒介し、2週間の潜伏期を経て呼吸困難などを引き起こす
  • 感染者はバスで移動中だったが、感染の広がりは確認されていないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x