「SNSの「おすすめ」が自殺を助長する:アルゴリズムによる悲しみを増やさないために、いま取り組むべきこと」の写真・リンク付きの記事はこちら英国の少女モリー・ラッセルは、2017年に14歳で自ら命を絶った。この行為に及ぶ前には、自殺や自傷の画像をネットで検索していたという。これだけでも十分に痛ましいが、そうした画像は彼女のお気に入りのソーシャルメディア・プラットフォームから“おすすめ”されていたことも、のち