特務機関NERVのツイート

写真拡大

政府は2022年3月21日、東京電力東北電力管内の電力供給が不足し一部地域で停電になる恐れがあるとして、「電力需給逼迫警報」を発令した。22日朝から夜にかけ、節電への協力を呼び掛けている。

この措置を受けて、インターネット上ではアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの「ヤシマ作戦」を思い出したとの声が広がっている。

「特務機関NERVから緊急のお知らせ」

東日本では22日、気温が低く、悪天候が予想されており、電力需要が大きく増加することが見込まれている。対して、16日の福島県沖の地震の影響で、東北、東京エリアの火力発電所6基(計約330万キロワット)が停止しており、東日本エリアにおける電力需給は非常に厳しい状況となっている。

政府は21日に初の「電力需給逼迫警報」を発令した。この警報は東日本大震災後に設けられた制度で、電力需要に対する供給余力が3%を下回る見通しになった際に出される。家庭や職場などで、不要な照明を消し、暖房温度の設定を20度とするなど、節電に協力するよう呼び掛けている。

ツイッターでは「ヤシマ作戦」を連想する声が相次いでいる。

「ヤシマ作戦きたか...!!今日は23時まで節電」「ヤシマ作戦思いだします 節電」

ヤシマ作戦とは、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で、敵を倒すために実行された大規模作戦。大量のエネルギーを必要とする武器を用いるため、一時的に日本全国を停電状態とし、電力を集めた。東日本大震災後の計画停電の時にも、この作戦を連想する声が相次いでいた。

「NERVがやると本当にヤシマ作戦になるんよ」

こうした状況を受け、災害情報を発信するツイッターアカウント「特務機関NERV(ネルフ)防災」も22日8時、次のように節電を呼びかけた。

「特務機関NERVから緊急のお知らせです。東京電力管内の皆さま、本日午前8時から午後11時まで節電にご協力ください」

特務機関NERV防災は、「エヴァンゲリオン」シリーズのイメージやデザインを用いたアカウントだ。そのためにファンからは「NERVがやると本当にヤシマ作戦になるんよ」という声も寄せられた。ツイートは22日正午現在までに、2万6000件のリツイート、3万6000件の「いいね」を超える反響が寄せられている。

「ヤシマ作戦」が功を奏したのかは不明だが、22日の需給ひっ迫警報第2報によれば、9時台の需要は4349万キロワットと当初の想定需要を100万キロワット程度下回る水準で推移している。ただし目標とする需要水準を200〜300万キロワット上回っており、この傾向が継続すると、夕方には想定される電力需要に対して供給力が不足する見込み。政府は引き続き節電の協力を呼び掛けている。