元将棋棋士でタレントの加藤一二三・九段

写真拡大

 将棋藤井聡太七段(17)が16日、大阪市の関西将棋会館で第91期棋聖戦5番勝負第4局の対局に臨み、渡辺明棋聖(36)に110手で勝利。通算成績3勝1敗で17歳11カ月でのタイトル獲得となり、史上最年少戴冠の新記録を樹立した。

 藤井のデビュー戦の相手を務めた加藤一二三・九段は自身のツイートで「#棋聖戦 藤井聡太新棋聖の御誕生 史上最年少戴冠の偉業達成 心より御祝い申し上げます」と祝福。「貫禄をみせた渡辺明二冠も、最後の瞬間まで本当にお疲れ様でした」とねぎらい「デビュー戦の相手をした私としても感慨無量の歴史的瞬間でした。素晴らしい名局、名勝負を、みなさま大変ありがとうございました」と感謝を込めた。

 続けて「藤井聡太新棋聖にはその天賦の才を余すところなく発揮し天高く翔ける龍となり、将棋史に於いて今後だれもまだ見ぬ地平を、ときに孤独と闘いながらも勇猛果敢に切り開いていただき、いつまでも色褪せない名局を紡ぎながら、将棋という芸術文化の大輪の花を咲かせていただきたいと願います」とツイートを連投し、興奮気味につづった。