降板は上沼からの苛烈な批判が原因とみられている(写真/時事通信社)

写真拡大

 YouTuberカジサックとしても活躍するお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(39才)が、上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板した。かつては上沼が梶原を寵愛していただけに、番組関係者は関係性がここまで変わったことに驚いているという。

【写真】ブルドッグのイラスト入りTシャツ姿で歩く上沼恵美子のプライベート姿

この騒動の発端は当サイトが紹介した「キンコン梶原の降板裏側に上沼恵美子が言い放った苛烈批判」という記事に詳しくあるが、これについてネットでは「パワハラ」を指摘する声も多い。

『解決えみちゃんねる』で番組MCを務める上沼が梶原に厳しい口調で話し始め、実際はオンエアできなかった箇所があると指摘する部分だ。

〈しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。

 共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者)〉

 さらに上沼の怒りは収まらず、こうなったのだという。

〈「『ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん。バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者)〉

◆関西人から見た上沼恵美子

 今回の記事を編集し、さらにネットの反応を観察したネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、「もう少し梶原さんを擁護する声が多く、上沼さんへの批判が寄せられるのでは、と思っていましたが、そうでもなかった。ネットでは『何を言うか』よりも『誰が言うか』こそ重要である、という説が昔からありますが、その通り」と振り返る。

 同氏が注目したネット上の声は「いろんな意味で足らないからこそ、親身になってあげていたのだと思う。そんな関係でも何か許せない事があったのだろうね」に代表される意見や「2人のことなのだから楽屋で話せばいい」といった声だ。さらには、「この話が本当だとすると」と前置きをしたうえで「パワハラではないか」と分析する声も多かった。いきなり「これはパワハラだ!」と指摘するのではなく、一呼吸置いてから「パワハラの可能性もある」式の冷静な声が多いのだ。今回の件について大阪出身の30代男性はこう語る。

「上沼さんの関西での人気っぷりはすさまじいですよ。多分、他のエリアの人は分からないぐらいでしょう。上岡龍太郎さんは引退し、やしきたかじんさんが亡くなった今、上沼さんが大阪のお笑い界で実質トップの人気だといってもいいです。だから今回はそこまで叩かれなかったのだと思います」

 この意見に中川氏も同意する。

「以前、上沼さんが夫と別居しているという記事を出した時は、あまりに自由奔放な夫を批判する声が多数で上沼さんを心配する声が圧倒的に多かった。そして、特徴的だったのが、他の記事と比べて関西地方からのアクセスが圧倒的に多かったことです。こんなことは上沼さん関連の記事以外ではあまりない。今回も同様でした。東京の編集者には理解できないほど、関西では上沼さん人気があるということが今回改めてよく分かりました」

 関西以外のエリアからと見られるツイートにはこんなものがあった。

「女帝度高まると、和田アキ子的嫌われ者に一気に変わる」
「上沼恵美子ってそんな地位のある人だったんだ 和田アキ子のパチモン芸人かと思ってた」

 このように、上沼を和田アキ子と同類扱いする意見が散見された。だが、前出の大阪出身男性からすれば「全然別扱い。う〜ん、やっぱり分からないのでしょうね…」と困惑気味。 今回、インターネットにおける「地域特性」がよく表れた格好で、上沼の関西における人気ぶりが改めて証明されたとも言えそうだ。