W杯開幕戦をレポートした大島優子 (画像はinstagram.com/yuk00shimaより)

写真拡大

大島優子がサッカーW杯の日本代表に向けて「自分に熱狂してください」と発言した内容について、コラムニストの小田嶋隆氏がツイッターで批判した。「死ぬまで自分に熱狂してろ。オーバーヒートして死ね」という過激な言葉もあり、AKB48ファンを中心にクレームや反論が続いている。

大島優子が、AKB48卒業後初の仕事としてブラジルに渡りサッカーW杯開幕戦のリポートをしたことから、6月20日の『2014 FIFAワールドカップ DAILY』(フジテレビ系)にて日本代表へのメッセージとして「自分自身に熱狂してください」、「そうしたら扉が開いて気持ちも一つになる」という言葉を送った。

この発言に噛み付いたのがサッカーファンでもあるコラムニスト・小田嶋隆氏だ。彼は6月20日に『小田嶋隆(tako_ashi) ツイッター』でフジテレビのW杯番組について「なぜ大島優子をメインに据える番組づくりをしたのか」と疑問を感じながら、彼女の発言に触れる。

「あんたがあんたに熱狂することを止めようとは思わないけど、他人にすすめるのはやめてもらいたい」と最初につぶやくと、『自分に熱狂してください』というフレーズについてスタッフから知恵をつけられたのかと指摘する。さらに「死ぬまで自分に熱狂してろ。オーバーヒートして死ね」と過激になっていった。

その後も「どうやれば自分なんかに熱狂できるんだ? 総選挙に出ればいいのか?」、「志賀直哉は『自分を熱愛せよ』と言った」などフレーズに対してのこだわりが強い。彼自身も「『自分に熱狂してください』という発言にあんまり感心しなかったのも事実だけど、その後の一連のツイートは『自分に熱狂』という言葉から連想したエゴマニアックな人間一般についての感想を述べただけですよ」と述べている。

しかし、言葉の過激さもあって「大島優子さんへの暴言きました」、「死ねとかビックリしました。こんなことネット上で平気で言えるあなたが怖いです」といった意見があり、小田嶋氏も「彼女のことを名指しした発言ではありません。文脈をきちんと読んでください」と返答している。

また、彼の「死ぬまで自分に熱狂してろ」発言については、AKB48ファンによるサイトでも話題になっており「人に軽々しく死ねとか言うのも許せないけど、相手が優ちゃんだから絶対に許さない!」、「優ちゃんに死ねとか言ったのは大人のする発言じゃないからツイで謝罪して下さい!」などの書き込みも見受けられた。

なお、大島優子はスポーツ紙のインタビューでもサッカー日本代表に対して、「私が言うのはおこがましい」としながら「心のリミッターを外して『自分に熱狂してください』と伝えたい」とコメントしている。テレビでの発言も“心のリミッター”を外せば選手も全力が出せるはず、ということを伝えたかったのではないか。

※画像は『大島優子 yuk00shima Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)