ドクが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」新作希望

写真拡大

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドク役で知られるクリストファー・ロイド(81歳)は、同シリーズの第4作目を希望しているという。1985年から1990年に公開された同人気シリーズ3部作で、ドクことエメット・ブラウン博士を演じたクリストファーは、さらなる新作が作られることを望んでいるそうだ。

第4弾の可能性について聞かれたクリストファーは、「もしかしたらね。実現するとは思えないけど。制作陣は3部作は決定的だったと考えているだろうからね。でも何があるかわからないものさ。もしかしたら、誰かが脚本家の肩をたたいて、『こんなストーリーはどう?』って提案するかもしれない。それでもし面白かったら、僕たちは準備できているよ」とBBCラジオ2に答えている。

そんなクリストファーは、今でも自身が演じた役を思い出すのが大好きなようで、こう続ける。

「俳優として、人生の大半を『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のような作品に出会えることを願ってきたよ。そして実際に出会えた。そしてそれが続いているんだ」
「ドク・ブラウンは常に何かを考えていて、タイムトラベルに執着しているんだ。それでタイムマシーンを作った。正しいタイミングで正しいボタンを押さなかったらもう終わりだ。だから彼は常に心配している。ドクは短い人生の中でやることがたくさんあるんだ。だからいつもシャキシャキしていて、何かが間違った方向に行くことを恐れているんだ」

さらに、来年2月にミュージカル版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が初演されることについて、クリストファーはこう続けた。

「僕たちが撮影していた時には、それなりの成功は願っていたよ。でもそれが35年も続いて、しかもミュージカルになるなんて期待はしていなかったけどね」