モデルとして活躍するKoki,

写真拡大

「親の七光りと言われない子供になるように」。木村拓哉(46才)、工藤静香(49才)の願いで、幼少時から英語、フランス語、水泳、ピアノ、フルート等の英才教育を受けてきた2人の娘。モデルとして世界に羽ばたく次女・Koki,(16才)だけでなく、来年大学受験を控える長女(18才)も自分の夢に向かって着実に歩み始めている。

【別写真】スタイル抜群の長女の全身姿

 現在、フルートに取り組んでいる長女。

「先日長女は、ある著名なコンクールの東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、東京大会本選への出場を決めました。このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門で、本選へ進めるのはわずかという難関です」(音楽関係者)

 また、8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いている。

◆大学でもフルートを極めたい

 木村家の娘といえば、次女Koki,の活躍が目覚ましい。2018年に『エル・ジャポン』のカバーを飾って衝撃的なデビューを果たした後も、さまざまな雑誌の表紙に登場し、ブルガリやシャネルといったハイブランドのアンバサダーに就任。今年5月には、シャネルのランウェイに登場し、パリコレデビューを果たした。

 つい先日の9月22日には、ミラノコレクションでもランウェイに登場。「FILA」2020春夏コレクションに出演し、優雅なウオーキングを披露した。

「Koki,はインターナショナルスクール育ちで、英語はもちろんフランス語も習得している。小さい頃から外国の人に囲まれていたからか、外国語で気の利いたジョークを言って、その場を和ませることもできます。だから現地のブランド担当者からも、ご指名がかかりやすい。デビュー当時は『親の七光』という見方をしていましたが、近頃の活躍を見ると、彼女自身の実力を感じます」(ファッション誌関係者)

 どうしても“親の七光り、いや十四光”といった視線を浴びる宿命にある2人の娘は今、着実に自らの足で道を拓いている。それは静香が何より子育てで大切にしてきたことだった。

「日本を飛び出して活躍ができるようインターナショナルスクールを選びました。語学を身につけさせるだけでなく、外国の文化にも自然になじませてきた。アトリエで絵を日常的に楽しませたり、フルート、ピアノ、さらには水泳といった習い事を“楽しんで”やれる環境をつくってきた。決してスパルタではなかったですね。

 小さい頃はどの習い事も、長女もKoki,ちゃんも平等に習ってきました。だから、Koki,ちゃんのフルートの腕前も、かなりのものですし、長女もトリリンガルです。その上で、それぞれが特に興味を持ったものを伸ばす教育をしていました」(木村家の知人)

 静香は習い事のほかにも、子供たちに社会性を身につけさせようと、アパレルショップでのアルバイトを体験させていた。

「長女がインターにいた15才の頃です。ショップのオーナーが木村さんの知人だったようです。勤務態度はまじめで、当初の予定では2週間だったところ、1か月に延長して、週5ペースで働いていました。毎日食材にもこだわった手作りのお弁当を持参していましたよ。スタッフには、将来の夢は音楽家だと話していましたが、アートから音楽、アニメまでいろいろなことに詳しいことが印象的でした」(前出・木村家の知人)

 世界で活躍するモデルへの道を着実に歩む妹と、演奏家への道をひた走る姉。実力で夢を叶えようとしている姿は重なる。

 長女は一時期フランスへの留学も考えたというが、現在は演奏家を目指す精鋭が集まる都内の難関校に通う。

 コンクールでの上位入賞を目指しながら、音大への進学に向けて準備を進めているという。

「高校生のうちから何度もコンクールで入賞しているようなら、大学も音大に進学するのが自然な流れでしょう。彼女のレベルなら、国立の難関大学から名門私立大学まで、選べる立場だと思います」(音楽関係者)

 長女の夢を木村も静香も全力でサポートしている。

「木村さんも静香さんもそういう親ですよ。“本気で目指すのなら全力で頑張って”と、全面的に応援しています。2人は娘の選択を否定したことは一度もありません。静香さんもステージママのようにいわれることがありますが、いい意味で放任主義。娘の意思を必ず尊重してきました。それはこれからも変わらないでしょう」(前出・木村家の知人)

 木村と静香が「あの姉妹の両親」といわれる日がくるのかもしれない。

※女性セブン2019年10月24日号