全国で520を超える店舗展開は国内最大規模を誇る

写真拡大

 山梨県発祥の総合菓子メーカー「シャトレーゼ」。国内では郊外を中心に528店舗(2019年9月末時点)の工場直売店を展開し、菓子の製造小売りとしては最大規模を誇る。近年はシンガポールをはじめ海外にも進出。この9月には東京・銀座に都心型の新ブランドによる店舗をオープンしたばかりで事業拡大に拍車がかかる。そんな同社だが、経営の根幹を揺るがす苦難の時期があった。これを乗り越え、年商700億円を超えるグループ企業へ成長を遂げた裏には、齊藤寛会長の「逆転の発想法」、そして地元山梨にこだわる経営があった。

大手ができないことを
 シャトレーゼホールディングス(HD)の創業は1954年、今川焼き風のお菓子「甘太郎」の店舗を山梨県甲府市(旧紅梅町)に出店したことにさかのぼる。当時、砂糖は統制品で、他の店は人工甘味料を使うところが多かった。そんな中、北海道の小豆と上白糖、水あめを使い、素材にこだわった今川焼風の菓子甘太郎は「本物の味」と人気を博し、朝早くから昼まで行列が出来るほどの人気ぶりだったという。ただ、温かい作りたてを提供するため、夏になると売れ行きが落ちるのが悩みだった。

 「夏にも売れるソフトクリームでもよかったが、やるからには大きな事業にしたい」。齊藤寛会長はアイスクリーム業界参入の決断をこう述懐する。勝沼市の自宅裏に工場を構え、アイスを作り始めたが、実は「これが苦労の始まりだった」。

 全国に販売ネットワークが確立されていた大手メーカーと競わなければならず、売れ行きは芳しくなかった。設備投資の負担も重くのしかかり、資金繰りに奔走する日々だった。

 追い詰められた齊藤会長が目を付けたのは、「大手ができないこと」。大手メーカーは計画生産のため、傷みやすい生菓子の製造はしていなかった。

 そこで67年に低コストで衛生的なシュークリーム製造に乗り出した。あわせて社名も現在の「シャトレーゼ」に変更。当時の相場が1個50円のところを、アイスクリームで培った生産技術を生かし、およそ5分の1で提供することができた。冷蔵庫のある小売店はまだ珍しかった時代ゆえ、廃棄品が出るのではないかとの懸念もあったが、1日に50万個も売れる大ヒット商品になった。

逆転の発想で起死回生
 75年には、首都圏を中心にフランチャイズによる洋菓子専門店を展開し、日本一の生菓子メーカーへと成長していった。菓子生産が間に合わなくなったため、50億円を投資して旧中道町(現甲府市)の食品工業団地に中道工場を建設することにした。

 ところが中道工場の稼働を5ヵ月後に控えた84年4月、主力の勝沼工場(旧勝沼町、現甲州市)が火災で全焼してしまう。卸売り用の菓子が生産できず、スーパーの売り場は他社へ奪われてしまった。急遽、新工場での製造を試みたが、新しい設備に慣れない環境のため、うまくいかず廃棄の山が続いた。

 悲嘆に暮れる齊藤会長に、さらに追い打ちをかけたのが、自身の右腕として活躍してくれていた弟の急逝。経理担当の妹も病気で1年間離脱することになってしまった。従業員の間にも不安が広がる中、齊藤会長は決して下を向かず、「大丈夫だ」と従業員を、そして自身をこう鼓舞し続けた。

 「人生には波があり、ピークが来ると、必ず次には落ちてしまう。けれども、その次には大きなチャンスが待っている。だから高い波が来ているときはおごらず、落ちているときは失望してはいけない。苦境に立たされた時こそアイデアが出るものだ」。

 売り場が減って商品が提供できない状況を逆手に取り、85年、工場直売店を甲府市にオープンさせた。すると、連日行列が出来るほどの賑わいをみせた。翌年には、千葉県の国道16号沿線に工場直売店のFC1号店をオープン。これを皮切りに全国各地から出店申込が相次ぎ、郊外型FC店の全国展開が進んでいった。