デポルティボ・ラ・コルーニャの柴崎岳、マラガの岡崎慎司に続いて、日本代表戦士がスペインの2部でプレーすることになりそうだ。8月9日、スペイン紙『MARCA』などが、ボルシア・ドルトムントの香川真司がラ・リーガ2部のサラゴサに移籍すると報じた。記事によると、今週の火曜日、ビクトール・フェルナンデス監督は「衝撃的なサインを結ぶ」と口にしたが、選手の名前は明らかにしなかった。どうやら、それが香川のこと