留置人の下着を紛失するも、虚偽の報告 20〜40歳代の警察署員3人を処分

ざっくり言うと

  • 兵庫県警は27日、20〜40歳代の警察署員3人を処分したと発表した
  • 3人は留置人の下着を一時紛失したにもかかわらず、虚偽の報告署を作成
  • その後、留置人が窃盗容疑で被害申告し、報告書が虚偽であることが判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x