岐阜県高山市を訪れ、行方が分からなくなっていたドイツ人観光客の男性が、25日夜、東京都内のホテルで見つかり、無事保護されました。

【写真を見る】岐阜・高山市で行方不明だったドイツ人観光客の82歳男性を無事保護 “ネットニュースで見た”東京のホテル従業員が気付く 集合時間を間違えて“取り残された”と勘違い

東京都内のホテル従業員がインターネットのニュースで行方不明を知り、よく似た男性が宿泊したため確認したことで判明しました。


行方不明になっていたのは、ドイツ人男性のシュナイダー・アドルフさん(82)です。

アドルフさんは23日朝、岐阜県高山市内を散策した後、集合時間に姿を見せませんでした。

25日午後7時45分頃、アドルフさんが東京都内のホテルに宿泊しているのが見つかり、無事保護されました。

アドルフさんはツアーの集合時間を間違え、取り残されたと勘違いし、JR高山線と新幹線を乗り継いで帰りの航空便に間に合うよう、東京に来たということです。