渡辺徹が「大動脈弁狭窄症」と診断される 舞台を中止し治療に専念

ざっくり言うと

  • 渡辺徹が「大動脈弁狭窄症」と診断され、入院したことが分かった
  • 予定していた舞台の公演は中止し、しばらく治療に専念するという
  • 大動脈弁狭窄症は、進行すると心不全などを起こすとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x