美しすぎるアラフィフ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 17日に公開された長渕剛(63)主演の映画「太陽の家」で、長渕の妻役を演じている女優の飯島直子(51)。映画の宣伝のため、このところ“メディア露出”が増えており、ネット上では、〈無理に若作りしていない〉〈こんな可愛い51歳っている?〉〈昔から変わらない、むしろ今の方が素敵〉……変わらぬ容姿に注目が集まっている。

飯島直子の夫も…美人妻がいてもフツーの女と不倫する男心

 飯島は、美と若さの秘訣について、12月21日放送のトーク番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、「食事は腹七分目」「睡眠時間は10時間」「週2で1時間以上のウオーキング」などと語っていた。

「その一方で、1月12日放送のトーク番組『誰だって波瀾爆笑』(同)では、松屋の牛丼にハマっていることを告白。店に置いてある紅しょうがを10袋ほど持ち帰り、大量に牛丼にトッピングする、独特の食べ方を披露していました」(テレビ誌ライター)

 それについては、さすがにネット上でも〈無料とはいえ、常識的に考えてせいぜい2、3袋までじゃない〉〈全部食べてるなら問題ない〉<残して捨ててるならちょっと引くわ〉……放送後は賛否両論があふれた。

 大量の紅しょうがはさておき、芸能ライターのエリザベス松本氏は、それより別の“部分”が気になったという。

「飯島さんは常に手帳を持ち歩き、その中に気になったことや、不思議に思ったことを書き留めているんだとか。書き留めたものの中から『哲学者が言ったんだけど』と前置きして紹介した言葉が、いかにも飯島さんらしいかなと……」

 その言葉とは、「妻は夫が若い時には愛人に、夫が中年になったら友人に、夫が年を取ったら看護婦になれ」。16〜17世紀のイギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの言葉だ。

「今の時代、この言葉に反発したくなる女性も大勢いるでしょうが、飯島さんは『いいな』と感じて手帳に書き留めまでした。やはり彼女は根っからの“尽くす女”だということが垣間見えた瞬間というか……とても印象的でしたね」(エリザベス松本氏)

 飯島は1997年に、「TUBE」の前田亘輝(54)と結婚したが、2001年に離婚。その後、12年に、会社経営の男性と再婚した。再婚までの間も噂話はあまたあり、昔から「恋多き女」のイメージではある。

「飯島さんは、とにかく惚れた男性にはとことん尽くすことで有名です。そのせいで男性のほうが重く感じて離れていってしまう、なんて話をよく耳にする。さほど話題にはなりませんでしたが、昨年秋には現在の夫と舞台女優の“路チュー不倫”が報じられました。夫婦関係は本当のところ、どうなのか。あらぬ噂ですが、このところ露出が増えてきたことで、離婚の準備か、などと勘繰る向きもあります」(芸能プロ関係者)

 94年に缶コーヒーのCMで大ブレークし、元祖「癒やし系」と呼ばれる飯島。実際は癒やし系というより尽くし系のようだが、男性に尽くすのもほどほどにしたほうがよさそうだ。