日本開催の「ミス・インターナショナル大会」に韓国がボイコット宣言。満場一致で決定

写真拡大 (全2枚)

日本で開催される2019ミス・インターナショナル大会に、韓国の「ミス・コリア」がボイコットを宣言した。

ミス・コリア運営本部は8月5日、「日本で開催され、日本企業が主催するミス・インターナショナル大会に毎年ミス・コリア当選者1人が参加してきたが、今年10月に開催される第59回ミス・インターナショナル大会には参加しないことを決定した」と明らかにした。

その理由については、「日本の経済報復に対し、韓国国民が不買運動などの克日で一つになる時期に、日本主催の国際大会への参加はありえないと思われ、満場一致で不参加を決定した。その代わり、SNSなど様々なチャンネルを通じて韓国女性の才能と美を世界に知らせる役割をする」と、説明している。

過去にミス・コリア当選者が私事で国際大会に欠場したことはあるが、ボイコットを決めたのは1957年から始まったミス・コリア大会史上初となる。

決定!! 2019年「ミス・コリア選抜大会」優勝者キム・セヨンとは?【PHOTO】

(写真提供=ミス・コリア運営本部)

日本が主催国であるミス・インターナショナル大会は、ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・アースと並ぶ世界4大国際ミスコンテストの一つ。

韓国は毎年ミス・コリア「善(2位)」もしくは「美(3位)」の当選者が韓国代表として参加してきた。

今年は10月25日から約3週間、東京ドームホテルにて参加者らが合宿を行い、11月12日に本選大会が行われる予定だ。世界各国の参加者たちは合宿期間中に観光地ツアーや文化体験など、日本の文化コンテンツとブランドの広報を義務的に行わなければならない。