8回2死からチーム初安打を放ったのは9月に移籍してきたカペル米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。ノーヒッターを阻止する初安打を放ったアスレチックスの打者は「今夜の彼のスライダーとカットボ