クレーム対応で絶対に言ってはいけないのは「お詫びの言葉」現代ビジネス

クレーム対応で絶対に言ってはいけないのは「お詫びの言葉」

ざっくり言うと

  • クレーム対応の最後に「お詫びの言葉」を言ってはいけないと専門家は語る
  • お詫びで終わると、相手を最後までクレーマー扱いすることになるからだそう
  • そのため、相手を助言者に変える「お礼の言葉」を最後に使うと良いとした

ランキング