石田要一さんデイリー新潮

100歳になる現役の時計職人「直せなかった時計は1つか2つくらい」

ざっくり言うと

  • 12月で100歳を迎えるという現役の時計職人に、新潮が話を聞いている
  • 現役を貫いているのは、「自分が直さないと」という使命感があるからだそう
  • 月に50〜100点の時計を修理し、今まで直せなかった時計は1つか2つほどとも

ランキング