NTTドコモは2024年度までをめどに、第4世代通信(4GLTE)以降のコアネットワーク(基幹網)を完全仮想化する。通常、各ソフトウエアは専用のハードウエア(装置)上のみで動作するが、ネットワークの仮想化により、さまざまなソフトウエアを共用の汎用装置で動作できるようにする。19年度中にコアネットワークを構成する装置の4割を仮想化し、21年度までに7割に引き上げる。20年に商用化する5Gのコアネッ