競馬番組でMCを務める堤礼実アナのフォトギャラリーはこちら>>

 日本最大の競走馬のセリ市である「セレクトセール2020」(日本競走馬協会主催)が、7月13日と14日の2日間にわたり、苫小牧のノーザンホースパークで行なわれた。


5億1000万円の値がついた「シーヴの2019」(C)Japan Racing Horse Association

 1998年に第1回が開催されてから今年で23回目。その間に、ディープインパクトやキングカメハメハといった同セール出身馬、それらの産駒たちも活躍し、7月8日にはダノンファラオがジャパンダートダービー(大井/ダート2000m)を制したことで、セール出身馬による「日本と世界各地のGI・牡馬混合G気両〕数」が合計100勝に到達した。こうした背景から、2010年以降は総落札額、平均落札額ともに右肩上がりで、世界から注目される競走馬セリ市になった。

 しかし、今年のセレクトセールは特殊な状況での開催となった。

 ひとつは、ここ数年のセールを牽引してきたディープインパクトとキングカメハメハが、昨年に相次いで亡くなったことだ。当然、この両種牡馬の産駒にはプレミアがつく。同時に、次に市場の主力となるのはどの種牡馬の産駒になるのか、今後もこの2頭の産駒のような”億超えホース”は現れるのか、といったことが注目された。

 もうひとつは、新型コロナウイルス感染拡大の影響がある。牧場関係者、馬主、調教師、メディアが一か所に集まり、活発な交流が行なわれるセリ市は大きなリスクが伴う。そのため、今年はHBAトレーニングセール(日高軽種馬農業協同組合主催)と千葉サラブレッドセール(千葉県両総馬匹農業協同組合)が中止になり、JRAブリーズアップセール(日本中央競馬会主催)と九州1歳市場(九州軽種馬協会主催)は、セリ場での口頭の入札ではなく、インターネットやメールによる入札となった。

 そうした流れの中、セレクトセールはしっかりと対策を講じて開催に漕ぎつけた。会場であるノーザンホースパークをセレクトセールのために貸し切り、来場者は事前に登録した購買者とその同伴者に限定。メディアもオフィシャルを除いては1社につき1名とし、すべての人物に入場の際の手指消毒と検温を義務づけ、場内ではマスク着用の徹底を呼びかけた。

 当日は、入場口に検温用の小屋が設けられ、サーモグラフィーと非接触型体温計の二段構えでチェックを受けることが義務づけられた。ここで37.5度以上が計測された場合、入場は認められない(今回、入場できなかった人は出なかった)。さらに、入場後に体調を崩す人が出ることも想定し、場内には医師と看護師を待機させていたという。


入場口に設けられた検温用の小屋(C)Japan Racing Horse Association

 セリ場の座席は間隔が空けられ、屋外の来場者用テント席もひとテーブルあたりの座席数を削減。そこかしこにアルコール除菌スプレーが置かれ、人が手を触れそうな場所はスタッフがこまめに清掃していた。また、来場を避けた購買者のため、会場内に入札用の臨時コールセンターが設けられるなどの対策が取られ、実際に落札に至ったケースも見られた。 

 セリの1日目終了後、ノーザンファームの代表であり、日本競走馬協会理事でもある吉田勝己氏は「こうした状況下で、実際に馬を見てもらい納得して買ってもらうために、どうしたらいいかを考えました。よく間に合ったと思います」と振り返った。こうした徹底ぶりに、セレクトセールが世界に誇るセリ市となった理由の一端を見た気がした。

 セールそのものは、コロナ禍の状況であることを考えれば驚くべき活況に終わった。総額や平均価格は久しぶりに前年割れとなったが、2日間を通しての落札率は90%超え。総落札額も187億を超えて、昨年に次ぐ史上2位の数字となった。

競馬好きの鷲見玲奈アナのフォトギャラリーはこちら>>

 1歳市場のディープインパクト産駒は、これが最後のセリ市上場となる可能性が高い一方で、牡馬に関してはすでに後継も多く、「種牡馬としての価値は以前ほど期待できないのでは」という懸念もあった。しかし蓋をあけてみれば、上場13頭中9頭が億越え。中でも、上場番号56番の「フォエヴァーダーリングの2019」が、1歳市場最高額となる4億円で落札されたかと思えば、114番の「シーヴの2019」が5億1000万円でさらに記録を更新した。

 キングカメハメハ産駒も1歳市場に10頭が上場して、うち2頭が1億越えで落札されたが、2日間で計31頭が上場したハーツクライ産駒は、7頭が億超えの落札となって市場を賑わせた。JRAの種牡馬ランキングでは常に2位〜4位を堅持していたが、昨年だけでスワーヴリチャード、リスグラシュー、サリオスがGIを勝利し、さらに評価が高まったといえるだろう。ハーツクライ自身は、キングカメハメハと同世代の19歳。種牡馬としてはすでにベテランの域だが、晩年でいよいよ天下を取れるか。

 いわゆる”ネクストジェネレーション”の組で意外だったのは、2日間で36頭が上場されたロードカナロア産駒の億超えが、当歳の2頭だけだったことだ。

 アーモンドアイ、サートゥルナーリアと2世代続けて超大物を輩出。さらに、キングオブコージがGII目黒記念(東京/芝2500m)を、バーナードループがダート交流重賞の兵庫チャンピオンシップ(園田/ダート1870m)を勝利するなど、現役時代のイメージよりも幅広い適性を見せつつあるだけに、もっと爆発的な評価がつくものだと予想していた。

 ただ、あるJRAの調教師によると、「基礎能力は高いし気性もいいので、3歳までは距離も持つけど、基本的にはマイル以下。古馬になってくると、体型的にも短距離色が強くなってくるように見える」と、価格が抑えられた理由を推察した。

 今年に産駒がデビューした種牡馬では、ドゥラメンテが2日間で3頭の億超えホースを出したのに対し、モーリスが2日間で3900万円が最高落札額と明暗を分けた。しかし、前出とは別の調教師は「期待度が高かったわりに、ここまでの2歳戦の成績が今ひとつなのでモーリス産駒は評価を落としていますが、父譲りであるなら本格化は古馬になってから。何年か後には、『2020年はお買い得だった』という評価になるかも」と、今後に評価が上がる可能性を示唆した。

 ここまで高額取引馬の話題が続いたが、今年は「サトノ」の冠名でお馴染みの里見治氏(名義は「(株)サトミホースカンパニー」)が超高額馬の購買を見送った。2日間を通しても、「エリドゥバビロンの2020(父サトノダイヤモンド)」の8000万円が最高額だった。

 全体を通しても、昨年や一昨年であれば、もうひと声で1000万円台の数字がひとつ増えていたのでは……という入札が多い印象を受けた。長年、このセレクトセールで存在感を示してきた「アドマイヤ」の近藤利一氏の逝去も、少なからず落札総額に影響を与えたのかもしれない。あらためて、近藤氏の貢献度の大きさを実感した。

 2日間を終え、社台ファームの代表で、このセールの市場長でもある吉田照哉氏は次のように総括した。

「超高額馬が出にくくなっている時代が来たようにも感じますけど、良血馬の母馬から生まれて、馬体のいい馬には高い値がついていますね。繁殖牝馬や兄弟がGI馬など、繁殖牝馬のレベルが上がっていますし、そうしたセリは世界を見渡してもそうないでしょう。

 繁殖牝馬に投資した結果が出ていると思います。今までは『ディープのいい馬ならクラシックで勝負になる』といった声もありましたが、これからはどういった馬が主役になるかわからない時代になる。いずれにせよ、このセールから強い馬が出てくるということに関しては、今後も変わらないと思います」 厳しい状況の中で、大成功に終わった今年のセレクトセール。JRAの売り上げも伸びているように、競馬業界はまだまだ活気に溢れている。ディープ、キンカメの2大看板が不在となった「令和のセレクトセール」がどう変わっていくのか。購買された若駒たちがどのような未来を紡ぐのか。その成り行きを見守りたい。