マクドナルドのこと、『マック』『マクド』以外で呼ぶ人っているの?」

Jタウンネットは2020年6月14日、こんなテーマで全国の読者から意見を募った。多くの人が「マック」もしくは「マクド」と呼ぶのは周知の事実だが、それ以外の名前で呼んでいる人などいるのだろうか。


マクドナルド、何て呼ぶ?(画像は編集部撮影)

興味本位で募集してみたが、記事公開から16日までに寄せられたメール、ツイッターのDMやリプライ(返信)はおよそ80件。あまりにも多種多様な呼称が集まったため、募集した記者自身も動揺している。

はたして読者の皆さんはマクドナルドのことを何と呼んでいるのだろうか。

「Mの館」「Mのつくところ」「イエローM」

まずは複数の読者から寄せられた呼称「M(エム)」。マクドナルドのロゴマークでお馴染みということもあり、「マック」「マクド」の次くらいに呼ばれている略称ではないだろうか。

しかし、なぜMなのか。実際に呼んでいるという人にはこんな理由があるようだ。

「我が家ではオープンな呼び名だとマックですが、パパと私との間では『M』と呼んでいます。
お昼ご飯の選択肢としてマックの名前を出してしまうと子供たちが100%マックと言うので、パパと私でお昼の相談する時は、ラーメンか、カレーか、それともエムにする?と言う感じで子供に気付かれないようにマックの隠語として使用しています(笑)」

「娘が1歳になる頃から、言葉を覚えさせる一環で、お散歩しながら目にしたものを言葉にするのが習慣です。我が家は英語教育を取り入れているので、マクドナルドは看板の見た目通りに『Yellow M(イエローM)』と呼んでいます。それまでは私もマックと呼んでいましたが...」

「私の家族はマクドナルドのことを『Mのつくところ』と呼んでいます。理由はまあ、ぼかして(ぼかす必要もないでしょうが)というかふざけて言っている感じです」

「私は『Mの館』と呼んでいます。理由は専門学校で講師の先生がそう呼んでいました」

頭文字の「M」だけだと、何かやましいもののように聞こえるが、実際に隠語として使っている家庭もある。逆にその雰囲気を面白がって使っているパターンもあるようだ。

子供「パラッパッパッパー」

続いて紹介するのは「音」だ。CMや店内で聞いた音をそのまま呼称にしている人がいるらしい。

「マクドナルドの我が家の呼び名は『パリラ』です。マクドナルド特有のパリラパリラという音から3歳の娘が言い出し、定着しました」

「2歳の娘、CMの『ぱぱぱっぱっぱっ』が印象に残ったらしく、マックのマーク見ると『ぱぱっぱ』って言います。我が家では、ぱぱっぱが定番(笑)」

「我が子は『パラッパッパッパー』(CMの音)と言います。長くて言いにくそうですが、いつもパラッパッパッパー食べたいな〜と言われます。あと数年でマックと言うようになると思うと寂しいです」

主に子供たちの間だが、「パリラ」や「パラッパッパッパー」といった呼び方がされている様子。大人でも「ああ、マクドナルドね」と分かってしまうのだから、相当耳に残る音なのだろう。

そのほか、アメリカでは「ミキディーズ」「ミッキーディーズ」「GOLDEN ARCH」などと呼ぶという意見もあった。

マックの呼び方、これ以外にもありますか?

「マック」「マクド」以外の呼び方をしているという人は、呼び方とその理由(あれば)を読者投稿フォーム、公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から教えてほしい。