人生の一大イベントである結婚。どんな相手を選ぶかによってその後の人生が大きく変わってくるため、女性たちは真剣そのものです。とはいえ、100%完璧な男性にめぐり合うのはなかなか難しく、既婚者の中には「実は妥協して結婚した」という女性も少なくないんです!
今回は既婚女性たちに「今の夫と結婚するときに妥協したこと」をこっそり教えてもらいました。

見た目が好みじゃない

「婚活で出会った今の夫。正直、見た目は全然タイプじゃなくて……。でもそれ以外の条件は完璧だったので、『良い夫になりそう』と思って結婚しました。実際に彼との結婚生活は本当に幸せで、今となっては外見なんて気になりません」(31歳/主婦)

▽ 彼女の見込みどおり、彼はとても良い旦那さんで円満に暮らせているよう。「生理的に嫌!」というレベルの外見でなければ、結婚してうまくいく可能性は大いにあります。

経済的に裕福ではない

「『彼以上に好きになれる人には出会えない!』と思って結婚しました。彼は裕福ではないけれど、共働きで私が支えるから大丈夫。お互いに助け合って生きていくのが、夫婦のあるべき姿だと思うんです。彼と結婚できて本当に幸せ!」(29歳/看護師)

▽ 彼のスペックよりも、自分が本気で愛せるかどうかを基準に選んだという女性。「病めるときも健やかなるときも……」を体現する、ステキなご夫婦ですね。

長男で一人っ子

「彼と結婚するとき、長男で一人っ子というのが唯一気になっていたところでした。同居の大変さとか、周りから色々聞いていたので……。実際同居することになったけど、義実家との仲は良好! 貯金もできるし子どもも見てもらえるし、むしろラッキー」(30歳/保険)

▽ 婚活において次男以降を狙っているという女性、多いのではないでしょうか。義実家との関係性にもよるので、長男=ナシと決めつける必要はないのかもしれませんよ!

真面目すぎてつまらない

「とにかく真面目な夫。ちょいワル好きな私にとっては、『つまらない』と感じることもしばしば……。でも、結婚するならこういう人がいいんだろうなと思って結婚しました。実際、結婚生活は良好! 刺激的な男性を選ばなくて良かったです」(29歳/アパレル関係)

▽ 恋愛はともかく、結婚においてはスリルが少ない方が良いでしょう。既婚者が口を揃えて『真面目で普通の人が良い』と語るのは、紛れもない真実のようです。

まとめ

妥協といっても、悪いことばかりではありません。今回ご紹介したように、妥協したポイントが全く結婚の障害にならなかった例もあります。付き合っている彼との結婚を考えたとき、ひとつやふたつ不安点が出てくるのは珍しいことではありません。その不安をカバーできるほどの好きなところが挙げられるのなら、きっと彼とはうまくやっていけるでしょう。もちろん、その不安が明らかに見過ごせないレベルの問題の場合は妥協してはいけませんよ!