主演の窪田正孝

写真拡大

 11月5日、来年(2020年)春にスタートする朝ドラ「エール」(NHK総合)の脚本家が交代すると発表された。「医龍―Team Medical Dragon―」(フジテレビ)、「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(同前)などで知られる、ヒットメーカーの林宏司氏が降板するというのだ。すでに撮影は始まっており、異例の途中降板。もっとも、その発表があった日、日本テレビからは林氏の脚本による来年1月からのドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』が発表されて……。

 NHKは降板の理由を、「制作上の都合により」としか発表していないが、健康上の問題ではないことは明らかだ。一体何があったのか――。

 ***

 民放関係者は言う。

主演の窪田正孝

「林脚本と言えば、骨太な作風で、かつヒットメーカーとして知られています。かつてはフジの作品が多かった、と言うより、民放ではフジの専属のようなイメージでした。デビューしたのも2000年の『涙をふいて』で、天海祐希(52)の『離婚弁護士』シリーズ(04年〜)、坂口憲二(43)の『医龍―Team Medical Dragon―』シリーズ(06年〜)、山ピー(山下智久[34])とガッキー(新垣結衣[31])による『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』シリーズ(08年〜)、天海が刑事を演じた『BOSS』シリーズ(09年〜)などを手がけています」

 2000年から11年まで途切れることなく、フジの脚本を書いてきた。

「ところが、11年に放送された『BOSS 2nd season』を最後に、林さんはフジから離れた。ですから14年の『医龍4』、17年の『コード・ブルー3』も、脚本に関わっていません。16年にフジで放送された『お義父さんと呼ばせて』では脚本を務めましたが、これは関西テレビの制作でした。大人気だった『コード・ブルー』の脚本を降りた時は、かなり揉めたと聞いています。いい意味で職人堅気、悪く言えば頑固。制作の言うことをあまり聞かない脚本家なのでしょうね」(同・関係者)

 その後は、キムタク(木村拓哉[46])の「アイムホーム」(TBS)なども手がけている。もちろん、NHKとも縁がなかったわけではない。真山仁の経済小説を原作に、林氏が脚本を書いた07年の「ハゲタカ」(NHK総合)は、大森南朋(47)を人気俳優に押し上げ、数々の賞を独占し、09年には映画化もされた。18年には、ウクライナ制作のドラマをリメイクした「スニッファー 嗅覚捜査官」(NHK総合)も話題になった。

 そんな林氏が朝ドラの脚本を任されたわけだ。上記の作品からも分かるように、ハードボイルド路線の作風が多い。そのためか、女性を描くことが多い朝ドラでも、「エール」の主演はヒロインの二階堂ふみ(25)ではなく、窪田正孝(31)となっている。

「『エール』の制作発表が行われたのは今年の2月。それ以降、スポーツ紙も報じているように、NHKの演出と揉めていたそうです。NHKも上層部から視聴率を取れと言われて、脚本家にいろいろ注文をつけるんでしょう。人物描写や台詞で林さんと意見が合わず、林さんの脚本を書き換えるまでになっていたとか。今後は新たに、『わたし、定時で帰ります。』(TBS)の清水友佳子と『リカ』(東海テレビ制作・フジテレビ)の嶋田うれ葉、それに演出も加わって3人体制で手がけるそうです。その演出というのがバラエティ班で06年から『サラリーマンNEO』を手がけ、11年に映画化までしたヒットメーカーの吉田照幸氏。その後、ドラマ班に移って朝ドラでは『あまちゃん』(13年)を担当しています」(同・関係者)

「エンペラー」と呼ばれていた

 吉田氏は、日経ビジネスアソシエ(18年6月号)で、以下のように自身について語っている。

《……私はスタッフから「一緒に働きたくない」と思われていたはずです。スタッフの意向を一切聞くことなく、すべて自分で決めて自分でやる“オレがオレが人間”でしたから。結果を残していたので、人の話を聞かなくて済んだんです。学生時代から「サラリーマンNEO」が終わる38歳までそんな調子で、現場では「エンペラー」と呼ばれていたくらい》

 なかなかのキャラだ。もちろん、それは変わったという。ドラマ班に移り、これまでのスキルが活かせなくなり、誰も意見を聞いてくれなくなった。「あまちゃん」のロケの移動中に禅の本を読んで、エゴを捨てることを学んだというのだ。

《「そんなことも知らないんですか?」なんて言われたら、私はプライドが高い人間だから、内心はとても穏やかではない(笑)。でも必死だから、「人の話を聞く」習慣をひたすら続けました。/効果はテキメンです。周りが明らかに私に関心を寄せてくれるようになった。何かあるたびに、「吉田さん、どうしますか?」って。それで、当たり前のことに気づいたんです。相手も人間なのでエゴはある。だから私が真摯に耳を傾けると、相手は「自分を見てくれている、この人を信頼しよう」と思うんですよね。つまり「自分のエゴを捨てる」ことは「相手のエゴを満たす」ことにつながり、その結果として自分に見返りがある》(註:改行を省略)

 すっかりキャラ変したはずだったのだが、

「『あまちゃん』の後は、志村けんさん(69)と組んでコント番組『となりのシムラ』を演出したり、NHKを超えて映画『疾風ロンド』では監督と脚本、『探偵はBARにいる3』の監督も務めています。著書も何冊か執筆していますし、そのあたりで、また鼻も高くなって、うるさ型のキャラが復活したのかもしれませんね」(同・関係者)

 ヒットメーカー同士の戦いだったのか。別の関係者は言う。

「日テレも昨年の『ドロ刑―警視庁捜査三課―』で初めて林さんと繋がりを持ち、続く来年1月からの『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』は、林さんがNHK朝ドラを降板したと発表された日に制作発表をし、主役の外科医役には天海さんを起用して、絶対に外せないところ。演出には『女王の教室』(05年)、『演歌の女王』を担当して、彼女と馴染みのある大塚恭司さんを持ってきた。来年1月スタートといえば、そろそろ撮影に入る頃でしょう。となると、林さんはいつ、『トップナイフ』の話を受けたのでしょうか。天海さんのスケジュールだって、そうそう簡単には押さえられないでしょう。もし、朝ドラと同時進行ということなら、NHKだって『なめるな!』と腹も立つことでしょう。大河『いだてん』は視聴率的には、もはや破られることはないと思われるほどの不調ですし、朝ドラも前作の『なつぞら』、現在放送中の『スカーレット』にしても、爆発的人気というわけではない。次の朝ドラまでコケたら、NHKとしては目も当てられないでしょうし……」

 NHKと日テレによる、脚本家の囲い込みが原因だったか? 日テレ関係者が言う。

「うちは脚本家と揉めるなんてことはありませんよ。日テレのプロデューサーや演出は、脚本家の言うことをよく聞きます。大ヒットした『ごくせん』シリーズ(02年〜)だって、『家政婦のミタ』(11年)だって、誤解を恐れずに言えば、脚本家の言いなりの作品です。数字さえ取れれば、テレビ局側の意見なんてどうでもいいんです」

週刊新潮WEB取材班

2019年11月11日 掲載