縄文や平安時代よりも、江戸時代の人が日本史上一番身長が低かった説は本当だった。なぜなのでしょうか?

写真拡大 (全3枚)

日本人の身長に関して、意外なデータがあります。日本史上で、古代から見ても江戸時代の人が一番平均身長が低かったというデータです。今回は気になる日本人の身長の変遷の謎に迫ります。

日本人はもともと小さかったわけではない

明治期以前の日本人の平均身長を見てみましょう。縄文人の男性平均身長は158cm、女性平均身長は149cm。弥生時代に入ると更に伸び、古墳時代には男性平均身長163cm、女性平均身長152cmに。そしてそれをピークとして、平安以降は下がってゆくのです。

平安時代初期の男性平均身長は161cmでしたが、末期には157cmに。更に時代下って江戸時代になると、人々の平均身長は男性で155cm〜156cm、女性で143〜145cmと日本史上最も低い値をマークします。

男性に限って言えば、江戸時代はピークの古墳時代に比べて8cm以上小さくなっているというわけです。これはいったいなぜなのでしょうか。

数字の単位はcm

 

その原因は?

鎌倉〜江戸期の低身長化には様々な原因が考えられますが、その中の1つは「動物性たんぱく質の不足」。江戸時代には獣肉があまり食べられていなかった事などから動物性たんぱく質が欠乏し、骨の成長の停滞につながったというのです。

反対に、弥生〜古墳時代に平均身長が大きく伸びた背景としては、1つには大陸から渡来人がやって来た事があります。元来の日本人より背の高い渡来人の血が加わった事で大きく身長が伸びたのです。また、当時は獣肉に加えてコメを安定して食べる事ができたため、結果として身長が伸びたようです。

弥生時代の稲作(国立科学博物館展示の模型)Wikipediaより

現代は停滞中

日本人の身長は1996年の成人男性平均170.9cm、女性平均158.1cmをピークに、ここ20年ほどほとんど横ばいのまま停滞している模様。一部の専門家からは「日本人の遺伝子の限界を迎えた」と言われていますが、果たしてその通りなのでしょうか?どちらにせよ今後さらに継続して統計を見守っていく必要がありそうです。

参考文献:斎藤 成也「日本列島人の歴史」、平本嘉助「骨から見た日本人の身長の移り変わり(考古学ジャーナル197に掲載)」国立国会図書館蔵