UVカット率は99%以上! 猛暑対策に最適な東レが開発した「サマーシールド」とは?

写真拡大 (全5枚)

日本の暑さ対策や紫外線対策といえば、日傘(パラソル)がある。
現在、街中では大半の女性が日傘を持っている。
実は、一口に日傘と言っても、女性が使うものから、海や商業施設などで使われる大形パラソルまである。

この日傘にもハイテクの進化は起きているのをご存知だろうか?
「東レ」が開発した「サマーシールド」は、暑さ対策や紫外線対策に効果の高い素材だ。
サマーシールドは
・再生ポリエステル
・遮光フィルム
・ポリウレタンのカーボンナノグラフ
この3層構造が特徴で、この3層により、
・遮熱
・遮光
・紫外線遮蔽
を実現した生地製品だ。


東レの生地製品「サマーシールド」


カラーバリエーションは9パターン

UVカット率は99%以上!
太陽光はもちろん、地面からの照り返しも吸収するため、サマーシールドを使用した大型パラソルやテント内は、外気温よりも6〜8度程度も涼しくなるという。

産業資材繊維卸商の加藤では、
・シート1枚で手軽に涼しい空間を創出できるタープ
・パイプテントといった製品
これらにもサマーシールドを利用している。


サマーシールドを使用した大型パラソル

このほかにも、
・富士ではパラソルやマーケットアンブレラに
・BXテンパルでは、パルセイルなどに
・さくらコーポレーションでは、イベントテントなどに
サマーシールドを使用している。


サマーシールドを使用した各社の製品

個人から自治体、企業と幅広いニーズに対応できる製品の製造や販売を、様々なメーカーが手がけている。

そんなサマーシールドを使用した製品の展示会が8月に東京・新宿でも開催される。

暑さや紫外線を気にする人、日傘を手放せない人は、足を運んでみてはいかがだろうか。

●サマーシールド新宿展示会
日程:2018年8月23日(木)〜24日(金)
場所:新宿パークタワー1F アトリウム
参加企業:東レ、加藤、さくらコーポレーション、富士、BXテンパル、今泉テント
撮影・執筆:2106bpm