「スマスロ」はパチンコ業界再起の起爆剤となるか(写真はイメージ)

 昨年夏に次世代遊技機「スマートパチスロ(スマスロ)」の概要が発表され、関連銘柄の株価は右肩上がりを続けている。業界再起の起爆剤として期待される同遊技機を、パチンコ・パチスロ歴20年、多い時には週に3〜5日ほど通っていたというルポライターの佐藤美由紀氏が体験してみた。(JBpress編集部)

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

導入以降、活気に満ちている“スマスロ島”

 昨年11月に次世代遊技機「スマートパチスロ(スマスロ)」が導入されて以降、この年末年始の時期を楽しみにしていた。やっと噂のスマスロがじっくり打てると期待に胸を膨らませていたのだ。

 スマスロはギャンブル依存症対策の一環として導入されたスマート遊技機で、「過度な射幸性の監視と抑制」を目的に、設置情報や出玉情報といった一連の情報などは遊技機情報センターに送信される。従来機に使用されていたメダルを使用せずに、電子情報で計測されたメダル情報で遊技する。メダルを使わないことで騒音の軽減や感染症対策、メダルを投入・計測する手間の軽減など、業界が抱える様々な問題の解決に期待されている遊技機だ。

 遊技客にとって最も気になるスペックも、現行機と差別化を図りスマート遊技機を推進させるために、出玉性能が緩和されている。わかりやすく表現すれば、遊技性が向上し、現行機種より出る可能性のある台・射幸性の高い台が作れるようになった。そんな前評判で、導入前から「スロット復活の兆し」「業界活性化につながる」と期待され話題になっていたのである。

 もちろん筆者も期待に胸を膨らませていた一人で、導入初日からSNSに流れる実践報告を食い入るように見つめていた。

「初日に複数台で万枚でてる、スマスロ熱いな」
「夕方、夜から打っても爆速で万枚でるぞ」
「初日からコンプリート報告ある」

 導入当初、打ってみたいと何度か店舗に足を運んだが、筆者が仕事終わりに店舗に向かうような時間帯では、イベント日との兼ね合いやちょうど混む時間だったのか座ることができなかった。

 導入直後は高設定が使われる可能性も高いと聞いていたため、あわよくばという気持ちもあったが、高設定どころか空き台に座ることすら叶わなかった。前評判を裏切ることなく、出足はとても好調なようだ。

 それならば年末年始のまとまった時間の取れるタイミングまで待ち、じっくり打とうと決めたのだ。

 実際に何度か店舗を見て回ったところ、スロットフロアに活気があり、久しく失われていた鉄火場の熱気を感じる、という印象を抱いた。人口密度が高いのは“スマスロ島”のみではあるものの、それでも全体的にこれまでより人が増えているように感じた。

 ホール関係者によれば「スマスロの稼働はいいけど、全体稼働はそこまで増えていないからパチンコからスロットに移動しただけだと思う。まだ休眠層の呼び戻しまでには至ってないようにみえる」との声もある。

スマスロ導入を告知する店の看板

スマスロ念願の初打ちも「無惨な結果」に

 12月に入り、スマスロの新機種が導入されると、先に導入されていた機種に時折空きが見られるようになっていた。年末のスマスロ用資金として10万円を用意していたが、店舗を覗きに行くたびに、せっかく来たのだからとスマスロでない機種を打ってしまい、すでに4万円ほど使ってしまっていた。「スマスロを呼び水に」というホールの戦略にまんまとはまってしまっているカモ客である。

 12月27日、念願の初打ちを迎えた。14時頃にスマスロの中では一番打ってみたかった『HEY!エリートサラリーマン鏡』が1台だけ空いていたため、すかさず着席した。スマスロを体験してみたい、というのが優先だったためBB/RB(ビッグボーナス/レギュラーボーナス)の表示履歴数は気にせず座った。詳細は覚えていないものの、その島では3番目くらいに出ていない台だった。

 すでに同機種を打ったことのある友人から、「明らかに低設定っぽい挙動をしていた隣の台が、夕方頃から一気に5000枚近く出していた」という情報も得ていたため、現段階では低設定だとしても、「引きと展開次第で出る可能性もあるな」と都合の良い妄想もしながら座った。出なさそうな台でも我慢できずに打ってしまう、ホールの栄養源となる典型的な“養分”だ。

 とりあえず1000円をサンドに投入する。従来機では、筐体の下皿にメダルがザラザラと出てきていたが、当然ながらメダルは出てこない。「0」と表示されていたクレジット部分の数字が一瞬で、メダルを投入した時のように「47」と表示された。よく見てみれば下皿部分そのものがなく、台をキープするために物を置くような作りになっていた。

 メダルを投入する手間がかからず、非常に快適だなと感心しながら打ち始めたところ、7000円投資したところで、CZ(チャンスゾーン)からボーナスを引いた。

 これまでは最大で50枚までしか表示されず、入れることができなかったクレジット部分は拡大され、ボーナス中は払い出しメダルがそのままクレジット部分に貯まっていく。ジャラジャラと払い出されるメダル音も、下皿に貯まっていくメダルを触ることもないため、いまいちボーナス当選の実感に欠けるというのが正直な印象ではあった。

ボーナス中は払い出しメダルがそのままクレジット部分に貯まっていく

 このボーナスはAT(アシストタイム)に入れず飲まれ、追加投資することに。お金を投入するたびに無意識に右手がメダルを迎えにいってしまうという行為を繰り返した。

 結局この日はトータルで3万5000円を使うも、「スマスロすごい出る!」という体験をすることもなく諦め、メダルを触りたくなり『ジャグラー』の島に移動。700枚強のメダルを交換してこの日は終わった。初日をマイナス2万円で終え、残りの資金はすでに4万円を切っていた。

「一撃万枚」の大逆転を夢みて連日通うも・・・

 12月28日、29日も同じように打つもスマスロでは出すことができず、他の機種で取り返して、28日は1万2000円のプラス、29日は2万円のマイナスで残りは3万円となった。

 30日は一発逆転からの大勝を期待して、「万枚製造機」との異名を持つ『パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』を打つことにした。連日10万円近い負けを繰り返している友人からは、「すごい出すけど、すごい吸い込む」と聞いていたため、さすがに怖くて手が出せなかったのだが、導入されたスマスロでは最も人気が高い台だ。

 ギャンブル依存症対策の一環で導入されたスマスロではあるものの、打ち手はゲーム性はもちろんのこと、結局は射幸性の高い台を求めているということなのだろうか。

 BB61/RB3、この日7000枚ほど出している台に着席。180ゲームから打ち始め、1万5000円ほどで「決戦ボーナス」を引いた。獲得100枚ちょっとで終わったが、すぐに「革命ラッシュ」に入ることができた。

 同じように「革命ラッシュ」に突入している隣の台は、もりもりと獲得枚数が増えて2000枚を超えていた。「きっとこの台もここから爆発するに違いない」と確信するも、あっけなく200枚程度の獲得で終わる。隣の台はまだ続いている。

 そして、出したメダルもすぐ飲まれ、追加投資をする。トイレに行くために、残高のあるICカードを取り出そうとするが、取り出せず。よくよく表示を見ると、台に残ったメダルをICカードに入れないと取り出せないようになっているようだった。

 これはお店にもよるのかもしれないが、台に残ったままのメダルは窃盗の被害にあう可能性もあり、この方法ならメダルだけ残して離席してしまうこともなく、よく考えられているなと思った。

 追加投資であっという間にスマスロのために用意していた資金はなくなり、ここでやめたらもう取り返せる可能性がなくなってしまう。一撃万枚も出る台だからまだ取り返せる可能性はある、と躊躇なくお正月用に残しておいた3万円を追加投資した。

 だが、その後胸が高鳴るような展開が訪れることもなく、残金2000円で後悔にさいなまれながら席を立った。いつもならメダルで指先が少し汚れるが、メダルに触れることがないため指先はきれいなままだった。

射幸性の高い台は「とことん突っ込んでしまう」

 この残りの2000円でせめて1万円だけでも取り返せないかと、1パチ(1円パチンコ)の島へ向かう。すると、1200円使ったところで当たりを引き、6000発近く獲得した。

 この調子ならもう一回当たりを引いたら1万発いけるかもしれないと考え勝負を続行したものの、結局全部飲まれ、5000発でやめておけばよかったと再び後悔しながら800円だけ払い戻して帰宅することにした。最悪なことに年末でお金も引き出せず、この800円で1月4日まで過ごすことが確定した瞬間だ。

 結局13万円を使って、噂のスマスロの醍醐味を一切味わうことなく終わった。ポケットの中の800円を握りしめながら歩いて帰る道すがら、甥姪に渡すお年玉を先に郵送しておいたのは不幸中の幸いだったなと思った。

 射幸性が高く、どれだけ出る台だとしても、勝つ人がいるということは、それだけ負ける人がいるという当たり前のことを今さらながらに実感した。立ち回りが悪いということは承知しているが、それでも勝ったときの脳がしびれるような体験が忘れられず、我慢できずに打ってしまう自分の意志の弱さを再認識した。

 最近はスロットを打つ機会がめっきり減っていた。打ったとしても、どうせ取り返せないからとすぐに諦め深追いすることはなくなっていて、投資金額が嵩むこともなかった。しかし、一撃で大きく取り返せる可能性があるとなると、ギャンブルで金銭感覚が麻痺した人間は諦めきれずどこまでものめり込んでしまうだろう。

“打ち納め”に行った友人から、スマスロの別の機種で1日11万円負けたという連絡が入る。射幸性の高い台は熱くなれるし、なんといっても大勝するかもしれないという「夢」がある一方で、自身の許容範囲を超えて突っ込んでしまう人は少なくないだろうなと思った。

 今後もスマスロは人気シリーズ機種の登場が次々と予定されており、賑わいはまだ続きそうだ。以前のような活気を取り戻せるのか、そして依存症対策にどれだけ効果があるのか、パチンコ・パチスロファンの一人としてこれからも注目していきたい。

筆者:佐藤 美由紀