【お金】絶対に知っておきたい!「“返済不要”の奨学金」のこと【学費】

写真拡大

「奨学金」と言ってもその種類は様々です。後で返済する貸与奨学金も上手に活用しつつ、できることなら、返済不要の給付奨学金を利用できると良いですね。

大学受験から入学までいくらかかる? 親が絶対知っておきたい費用のこと&支払い時期

そのために事前に知っておきたい情報について、分かりやすく解説します。

奨学金の種類

奨学金には大きく2つの種類があります。

1. 給付型→返済不要。

2. 貸与型→所定の期間内に返済が必要。無利子のタイプと有利子のタイプがあります。

その他、給付+貸与セット(給付の分は返済不要、貸与の分は返済が必要)タイプもあります。

申込み方法は大きく3つあり、進学前に申し込む「予約採用」と、進学後に申し込む「在学採用」、また家計の急変があった場合などは、在学中の学校を通して申し込む「緊急・応急採用」があります。

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の給付奨学金については、家計・学力・人物において所定の基準を満たす必要がありますので、だれでも利用できるものではありません。

貸与奨学金については各種条件が異なり、返済は必要ですが、給付型より利用しやすくなっています。

通常、在籍する学校や進学先等の紹介によりJASSOを通じて奨学金制度を利用することが一般的ですが、JASSO以外の様々な団体が運営する奨学金も近年増えてきています。

財団法人等の奨学金制度

「未来ある子どもたちの学びを支援したい」という熱い想いをこめて、「返済不要」の奨学金制度を継続している財団法人等が全国にあります。

その一部をご紹介します。

アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度

小児がん経験者または親をがんで亡くし、就学や進学の機会が狭められている子ども(高等学校等在学中/入学希望者)を対象に、充実した学校生活をおくってほしいとの想いから1995年に設立された奨学金制度です。

高校卒業まで月額2万円が給付されます。

*問合先→公益財団法人 がんの子どもを守る会

似鳥国際奨学財団 給付型奨学金

世界各国の学生のうち、志操堅実、学力優秀でありながら、経済的理由により修学が困難な者に対して、奨学援助と住宅補助等の事業を行い、世界各国の友好親善及び人材育成に寄与することを目的として、2005年に設立されました。

国内の大学に在籍する外国人留学生等への給付奨学金制度や、台湾・ベトナム・中国の海外現地大学生にも寄付活動を行うなど、多岐にわたり様々なかたちで多くの学生を支援しています。

国内の中学生・高校生・大学生対象の給付型奨学金制度もあります。

*問合先→公益財団法人 似鳥国際奨学財団

キーエンス財団 給付型奨学金

大学新一年生(20歳以下)を対象に、学業優秀かつ品行方正な学生に対し奨学金給付による経済的支援を行い、社会に貢献する人材育成に寄与することを目的として2018年に設立されました。

月額8万円が所定の期間給付されます。

*問合先→公益財団法人 キーエンス財団

DAISO財団 給付型奨学金

大学新一年生(20歳以下)を対象に、学業優秀、品行方正でありながら経済的理由により学業の困難な学生に奨学金を支給する事業を通して、社会に貢献する有為な人材育成に寄与することを目的として、2020年に設立されました。

月額5万円が所定の期間給付されます。

*問合先→公益財団法人 DAISO財団

いずれの制度も、応募要件や募集期間が異なりますので、ホームページ等で最新の募集要項を確認しましょう。

大学・自治体等の奨学金制度

大学独自の奨学金制度を設けている国公立大学は約200校程度、私立大学では500校程度あり、地方出身者や成績優秀者には授業料の減免や給付型・貸与型ともに様々な奨学金制度を設けている学校が多くあります。

その他、地方自治体や様々な育英会が独自の奨学金制度や貸付事業を設けています。

東京都では、地域の社会福祉協議会等が窓口となる「受験生チャレンジ支援貸付事業」が行われています。

こちらの事業は、世帯収入が一定の基準以下である等の所定の条件を満たす場合、中学3年・高校3年等の受験生のために、塾の費用や受験料を無利子で貸付してくれるというものです。

「返済しないとダメなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、なんとこの事業、受験生が高校や大学へ入学した場合、貸付金の返済が免除されるというものなのです。

塾や受験料などの費用は、学費の準備に加えて経済的負担がかかりますので、「合格したら返済不要」となれば、受験勉強のモチベーションもさらにアップするのではないでしょうか。

筆者在住の江戸川区では、「木全・手嶋育英事業基金」という区独自の育英事業があります。こちらは将来社会に貢献しうる人材育成を目的として、1978年に木全清一氏からの寄付金をもとに設置された、経済的理由等により修学困難な江戸川区在住の方を対象に育英資金を支給する制度です。

応募資格には各種条件があり、募集人数も限られますが、返還不要の入学金や修学金が給付されます。

このように、お住まいの地域により、一般的には認知されていない独自の制度や事業がありますので、タイムリーな情報収集は欠かせません。

「募集のしおり」をしっかりチェック!

筆者が高校生の頃、「あしなが学生募金」の街頭募金活動にボランティアとして参加した経験があります。

学生主体の募金活動で集まった寄付金の一部は、病気・災害・自死遺児や、親が重度の障がいを持つ子の奨学金として【一般財団法人あしなが育英会】に寄付されます。

あしなが育英会の「募集のしおり」には比較的わかりやすく丁寧に必要書類、手続きの流れや書類の記入例等が記載してあります。

(※あしなが育英会の奨学金は、給付+無利子貸与のセット型のみとなります。)

「募集のしおり」等の資料を入手したら、各種条件や必要書類等手続の流れを必ず確認し、分からない点は担当窓口に都度確認しましょう。

筆者が調査したところ、必要書類や申請書類の記載内容についてわかりづらい点が多いため、遠慮せずに問合窓口に聞きながら記入するのが確実です。もし書類の不備があると、せっかくのチャンスが無駄になってしまうことがありますので注意しましょう。

なお、複数の奨学金を申請する場合、他の奨学金と併用できるかどうかを確認することも肝心です。

実際に申請が通るかどうかわからない段階でも、「聞くだけタダ」をモットーに、積極的に情報収集されることがおすすめです。

人気の奨学金についてはすぐに募集定員に達してしまうため、お住まいの地域の役所ホームページや教育委員会の事務局窓口、また奨学金担当窓口の学生生活課や掲示板等で、最新情報をこまめにチェックしましょう。

締切厳守!早めの準備で万全に

申請には締め切りがあります。ある程度希望の奨学金が絞れたら、スケジュールを立てて計画的に申請の準備をしましょう。

提出物は原則として保護者の所得証明書(市役所税務課に発行してもらう)又は源泉徴収票(勤務先に発行してもらう)等が必須なため、早めに必要書類を取得しておくのがベターです。

家族全員記載の戸籍謄本や、マイナンバーカード等の資料が必要な場合もありますので、全ての書類を漏れなくチェックしましょう。

塾の費用や受験料を含め、学費に関してはタブーにせず、日ごろから家庭内で相談する習慣をつけることで、計画的な準備をこころがけましょう。

そして社会に出る前の子どもたちに経済的負荷をかけすぎないためのしくみづくりが、より一層全国的に推進されることを期待したいものです。

(※令和4年6月現在の情報です)

【執筆者プロフィール】郄柳 万里

キッズ・マネー・ステーション認定講師/ファイナンシャルプランナー

金銭教育を受ける機会が全くないまま社会人となっていたことに愕然とし、必要に迫られて平成20年FP資格取得。「創意工夫と試行錯誤」をモットーに、主に親子向け金銭教育や教育費関連について執筆しています。