現役バンカーが語る「半沢直樹」のリアル「出向させるは常套句」、居酒屋での作戦会議、深夜の裏工作はアウト!

写真拡大 (全2枚)

 日本中が注目する中、ついに最終回を迎える日曜劇場「半沢直樹」。濃すぎるキャストによる畳み掛けるセリフ回しや顔芸、ハラハラドキドキで予想もつかない展開、勧善懲悪なストーリーで世の中の働く世代の心を鷲掴みにしている。

最終回をより楽しむために、半沢の舞台となる銀行について、三大メガバンクに勤める30代前半のAさんに話を聞いた。銀行の裏話やバンカーから見た半沢直樹の世界をぶった斬る!

・今すぐ読みたい→
パワハラから抜け出すために続けた「3つの習慣」https://cocokara-next.com/stress/avoid-power-harassment/


旧銀行派閥は意外にもお客さんが気にしている!?


――やはり、銀行に勤める皆さんは「半沢直樹」を見ているのでしょうか?
「同僚は見ている人多いですね。僕は見ていないですけど(苦笑)。前回のシーズンは見ていましたが、今シーズンは見逃してしまって…。録画はしているので、時間ある時にまとめて見てみようと思っています」

――前作から続く半沢直樹ブーム、銀行員から見てどうですか?
「お客さんからよく話を振られますね。前回のシリーズでは行く先々のお客さんに『倍返し』って言われましたよ」

――今回の半沢は子会社である東京セントラル証券に出向しているところからのスタート。証券会社ではプロパー社員と出向組で対立していましたが、よくあることなのでしょうか?
「銀行の場合、若手だからとか関係なく、何歳になっても基本的には3〜5年で異動になります。今回の半沢は子会社の証券会社に出向していますが、1、2年の研修的な出向もあれば、期限を決めずに長期的な出向もあります。昔と違い、最近だと証券会社で数年仕事した後に銀行に戻るケースも多いです。証券のプロパー社員からしたら『最終的には銀行に戻るんでしょ』という風に見えるので、あまりいい気持ちはしないかもですね」

――ドラマでは中野渡頭取や紀本常務ら旧東京第一銀行出身者と、半沢や大和田ら旧産業中央銀行出身者による、再編前の銀行による派閥がポイントになっていますが、そういった派閥は存在するのでしょうか?
「役員クラスになると関係してくるのかもしれませんが、正直、現場レベルでは感じないですね。メガバンクも誕生して20年くらい経つので、現場レベルでは合併後に入行してきている行員がほとんどですからね。旧銀行意識というのは感じないです。ただ、お客さんの方が旧銀行を意識されているパターンはあります。例えば、とあるお客さんは旧X銀行をメインバンクにしていて、旧Y銀行とは取引がなかったとかの場合、『旧X銀行の人しか来てくれるな』ということもあります」

居酒屋での作戦会議、深夜の裏工作はアウト!

――ドラマでは半沢や渡真利らが行きつけの居酒屋でよくキワドイ仕事の話をしていますが、問題ないのでしょうか?
「どこの銀行もそうだと思いますけど、外で仕事の話をしてはいけないとルールで決まっています。だけど、同僚と飲みに行くとやっぱり仕事の話になってしまいます(苦笑)。お客さんの話だったり、上司の話だったり。でも本当に気をつけないと、お客さんがすぐ近くにいる可能性だってある。特に地方の支店とかだとみんな行く店が決まっていて、そこでお客さんに会うってこともざらです。直接の顔見知りじゃなくても、取引先の社員がその場にいることも大いに考えられますからね」

――そういった意味でも、大和田のように料亭で会食ということはよくあるのでしょうか?
「現場レベルで料亭を使うってことはないですね。接待とかだとホテルでの会食とかが関の山です。あと、部署とかチームでの飲み会とかは個室が前提とされています。普通の居酒屋とかですけど、やはり仕事の話がメインになるので」

――半沢はかなり遅い時間まで裏工作?をしていますが、銀行員はあんなに遅くまで仕事をされているのでしょうか?
「通常の勤務時間は8〜20時くらいですね。僕が入行したころはもっと勤務時間が長かったですけど、今は何時までに部署の全員が会社を出ないといけないと言う目標が設定されています。だから、半沢のように一人だけ遅く残って作業をするというのはまずあり得ないですね。特に支店とかの場合だと建物のセキュリティーを掛けないといけなくて、それには立ち合いの人も必要です。だから一人で残って裏工作のような作業をするというのは基本的にはセキュリティーの観点からNGですね。半沢のように管理職になったらもしかしたらあり得るのかもしれないですが」

――三木が伊佐山の極秘資料を隠れて撮影して半沢に送るシーンがありますが、同じ行員同士のやり取りといえども、アレはアウトですよね?
「個人の携帯で会社の資料を撮影していたとするならアウトだと思います。だからと言って、会社の携帯で写真を撮ってメールを送ったとすると、システムを調べれば伊佐山にバレることになりますからね。ドラマなのでアレですが、極秘資料を流出させるのは普通にナシですよね」

――半沢直樹の登場人物は主人公の半沢をはじめ、部下の森山、取引先の瀬名など、剣道で絆を深める場面が多いです。銀行員というとゴルフのイメージですが、実際はどうですか?
「そう言えば半沢にはゴルフのシーンは出てこないですね。実際、ゴルフはめっちゃやりますね。最近は減っているみたいですけど、僕が新人の頃はゴルフ必須という雰囲気がありました。先輩から『将来お客さんと行くことになるからゴルフはできるようになっておけよ』と言われていました。独身寮には先輩から受け継がれてきたゴルフセットも置いてありましたしね。人によっては土日ゴルフって人もいましたけど、ゴルフを通じてビジネスにつながったかというと疑問ですけどね(苦笑)」

上司としては心強い存在だけど…

――ドラマの中では事あるごとに「異動されるぞ」「出向させるぞ」と言っていますが、銀行ではよくある風景なのでしょうか?
「今の時代ならパワハラになりますから、言っている人はほとんどいないです。僕が入行した10年くらい前はよく聞きましたけどね。怒鳴り声とか普通にありましたし、半沢の世界観に近かったですね。昔は罵声と共に物が飛んでいたと聞きましたが、僕の時代は罵声か物のどちらかしか飛んでこないようになりました(笑)。今は罵声もないです。やはりみんなパワハラを気にしているので。

――あくまで脅しですよね…?そんな簡単に人事異動させることはできるのでしょうか?
「一回一回は叱咤激励的な感じだと思うんですけど、その叱咤激励に応えられないとやっぱり異動させられますよね。何回も言われていると、周りから見ていても異動させられるんだろうな〜って思います。銀行って一般的な企業に比べると、明確に部署のヒエラルキーがあるんですよ。ランクが高い部署にいると比較的出世がしやすいですし、その次へのキャリアを形成しやすい。『異動させるぞ』っていうのは、今いるランクより低いところへ出すぞということなので、『お前のキャリアに傷を付けるぞ』っていう意味。そうなると人生設計狂いますし、やっぱりビビっちゃいますよね」

――半沢は支店勤務から本部の営業部、東京セントラル証券を経て再び本店の営業に返り咲いていますが、一般的に銀行内での出世コースはどこの部署なんでしょうか?
「出世コースはいくつかあると思いますが、人事部は偉くなりやすいですね。あとは経営企画部とか、半沢がいる大企業を相手にする営業部とか。営業サイドで偉くなるか、管理サイドで偉くなるかで大きく分かれています。それぞれで中核にいる人が出世していく感じだと思います」

――年収は部署によって変わってくるものなのでしょうか?
「僕は10年くらいですけど、現時点ではそんなに年収に差はないと思います。5年後とかの年収では差がついてきて、歳をとればとるほど年収の差が大きくなってきますね」

――最終回では中野渡頭取の動向が注目されますが、一行員が頭取と会うことはありますか?
「日常の業務の中で頭取を見たことはないですね。例えばその頭取が営業部出身とかだとすると、後輩たちを激励しに現場に顔を出すってことはあるかもですが、もし来られたら仕事にならないから困ります(苦笑)」

――実際に半沢みたいな人はいますか?また、上司が半沢だとしたらどうですか?
「あんなに上に楯突く激しい人は、たぶん組織にいられないですよね(苦笑)。正論と正解って違うじゃないですか。半沢が言っているのは正論なので、ドラマとしては正解なんですけど、現実だと大抵の場合で正論は疎まわれますからね。なかなか組織では厳しいと思いますよ。上司だったら、部下からすると心強いですよね。ただ、この人についていったら一緒にやられるなって思います(苦笑)。そうとう勝ち目がないと、なかなか一緒に戦うのはツライですよね(苦笑)」

 現実ではなかなかあり得ないことだからこそ魅力的にファンを惹きつけた「半沢直樹」もいよいよ最終回。真の敵は誰なのか、1000倍返しなるのか!?すでに半沢ロスも心配されるが、ついにこれでおしまいDEATH!

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
パワハラから抜け出すために続けた「3つの習慣」https://cocokara-next.com/stress/avoid-power-harassment/