11月10日(日)、AbemaTVにて、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が司会を務める『極楽とんぼのタイムリミット』#7が放送され、よゐこ・濱口優と結婚したばかりのタレント・南明奈が、濱口との馴れ初めを明かした。

 南が濱口を意識し出したのは、「ご飯に行ってる段階から『もう言っておくけど、俺はアッキーナのことが好きだから、これから会うときは、それをわかって会ってね』と言われた」から。加藤と山本は「最初から!?」「かっこいいな!」「男前の口説き方」と濱口の意外な一面に感心した。

 南が「私がなかなか決断できなくて待ってもらった」と言うように、その告白から付き合うまで、約1ヶ月の時間が必要だったそう。濱口が現在47歳、南の両親は50歳で、まさにほぼ親子ほど年の差があり、南は「将来、もしかしたら私は、3人を介護しなくちゃならないと考えて、なかなか勇気が出ないというか」と当時の葛藤を振り返った。しかし濱口と何度か会ううちに、南は「この人だったら、絶対、私幸せだ」と思い、お付き合いを始めたと語った。

 濱口より2歳年上という加藤は、「濱口はさー、生命力が強いじゃん」とコメント。南も「そうなんです、6年半一緒にいるのに、一回も体調が悪いときが無い」と濱口の強さに驚いている様子。南の両親とほぼ同い年という濱口だが、その生命力があれば、介護の心配を打ち消せるかもしれない?