ヤクルト・青木宣親が通算100個目の死球を受ける NPB史上22人目

ざっくり言うと

  • ヤクルト・青木宣親が1日の中日戦で、初回に通算100個目となる死球を受けた
  • 通算100死球はNPB史上22人目で、通算死球数の歴代1位は清原和博氏の196個
  • 現役では、史上4位となっている巨人の阿部慎之助が151個で1位となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング