障がい者差別?「24時間テレビ」ダウン症女児の企画に賛否両論の声

写真拡大 (全2枚)

 25、26日に放映された日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」のある企画が3日過ぎた現在も賛否両論の大反響を呼んでいる。ダウン症の女児がお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の2人を中心に結成されたダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」と一緒に「パーフェクトヒューマン」を歌って踊ったが、ネット上では障がい者差別か、否かで大論争になっている。


 非難する人たちの多くが問題視したのは選曲だった。「パーフェクトヒューマン」には「彼は言った世界は必ずしもみんな平等とは限らない、彼は言った世の中には絶対勝者と敗者が存在する」という歌詞が出てくる。「歌詞からして酷い」、「これはひどい…完璧な人間って…ただの晒し者じゃん」、「見てられない。これで何を感じろと?ただただ気まずい」、「よく放送する気になったよな…本当」とネット上で批判のコメントが書き込まれた。

 一方で擁護する意見も多数ある。「ダウン症の子にパーフェクトヒューマン踊らせる!って騒いでいるけど、なんかこの気持ちこそ偏見と思うの私だけなんだろうか」、「楽しく踊っているのに差別だ偏見だという神経の方がおかしい」、「英語の歌詞だったら気にしないくせに騒ぎすぎ。女の子がかわいそう」と企画を否定することが障がい者差別につながると危惧している。

・合わせて読みたい→
日本人が驚く 中国人に絶対にしてはいけないジェスチャーとは(https://cocokara-next.com/stress/gesture-that-should-not-be-in-absolutely-chinese/)

 両足麻痺の少年が富士山登頂に挑戦する企画など、「24時間テレビ」は障がい者が困難なチャレンジに立ちむかう姿を毎年放送してきた。「感動と勇気を与えてくれる素晴らしい番組」と視聴者の人気を集める一方で、「障がい者を見世物にした最低な番組」と批判の声も少なくない。人はそれぞれ考え方や価値観が異なる。多様な意見が言える社会は健全だと言える。同番組に賛否両論あるが、大多数の人たちは障がい者への愛情から声を上げている。差別や偏見のない社会づくりへ、議論が白熱するのは決して悪いことではない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]