自営業の人や収入が多くなり扶養を外れてしまった人などは、原則として国民年金第一号被保険者となり、毎月保険料を納めなくてはなりません。しかし、この国民年金保険料を支払っている人が少ないと時々話題になります。支払わなければ、支払わなかった分だけ年金が少なくなる仕組みになっていますが、この仕組みによって老後に意外な落とし穴があるかも? All About

65歳以降から変わる遺族年金の受け取り方 意外な落とし穴とは?

ざっくり言うと

  • 年に約120万円の遺族年金を受け取っている女性がもうすぐ65歳を迎える
  • 65歳から受け取り内容が変わるが、この女性の場合、意外な落とし穴も
  • 国民年金保険料の納付額が少なかったため、遺族年金額が減ってしまうことに

ランキング