児童の不審死が起きた双葉保育園

写真拡大

「炎天下、バスに閉じ込められて、どんなに暑かったんやろうかと。そう考えると、いても立ってもいられなくて娘と花を手向けにきたんです……」

【写真】保育園に止められていたトーマスの送迎バス

 福岡市内から車で献花に訪れた50代の母親と中学生の娘は手を合わせていた。

 かつて炭鉱で栄えた福岡県の筑豊炭田の一翼を担う中間市。そこにある私立『双葉保育園』で7月29日、変死事件が発生した。同日夕方、園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が帰りの送迎バスに乗っていなかったことから、母親が同園に連絡した。

「同園は2台の送迎バスがあり、その日は朝と帰りでバスを替えていました。冬生ちゃんは、駐車場に置かれていた朝の送迎バスの中で倒れていたんです。すぐに病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認されました。死因は熱中症によるものでした」(地方紙記者)

園長は「気づかなかった」

 朝の送迎バスは、40代の女性園長みずからが運転していて、その日は7人の園児が乗っていた。

「冬生ちゃんは後部座席で寝ていたため、園長はそれに気づかずに、降ろし忘れたのです」(同・地方紙記者)

 気温30度を超える真夏日の中、冬生ちゃんは9時間も置き去りにされていたわけだ。同記者は続ける。

「送迎バスは園長が1年半前から運転手を担当していました。本来はもう一人添乗員が必要なのですが、バスに乗っていたのは園長だけ。さらにその日は出欠確認をするカードを冬生ちゃんからは受け取っていませんでした」

 事件の2日後、保護者に向けて行われた説明会で園長は、こう話している。

「冬生ちゃんは寝ていたようですが、泣いているほかの園児に気を取られてしまって、彼に気づかなかった。また、到着時は、出迎えた職員がバスに忘れ物がないかを点検することになっているが、それをしていなかった」

 だが“ほかにもチェックできるポイントがあったはず”と、保育園関係者は話す。

「園児が無断欠席の場合、担任が保護者に確認します。もし給食があれば、そこでも一人分多いとなって冬生ちゃんに気づけたはず……。すべてのチェックから漏れるなんて、普通の保育園じゃあり得ないことです」

聞こえてきた園長の“パワハラ”

 あまりにも杜撰な体制だった双葉保育園とは、いったいどんな保育園なのか――。

 同園は園長の祖父が40年以上前に設立。叔父が2代目の園長に就任したが、10数年前に他界して、あとを継いだのが現在の園長だ。園長の母親が同園の理事長兼主任保育士、姉も保育士として勤めていて、一族で運営してきた。

 近隣住民は同園について、

「よか評判ですよ。毎年、年末に園内で餅つきをやっとるんですが、“来年もよろしくお願いします”ってお餅をお裾分けしてくれる。非常に心遣いのある保育園ですよ。

 また、園長はマーチングに力を入れていて、ちゃんとやっていない子がいると“あんたたち、ちゃんとせんね!”と叱る声が響いています。まるでわが子に言うような、愛情を感じるよねぇ」

 保育園の管理・指導をしている中間市役所のこども未来課の担当者も、こう話す。

「ここ数年で、同園に対する苦情は数件程度。たとえば“園で猫を飼っているが、不衛生ではないか”といったようなクレームでした。問題の多い保育園という認識はないです」

 福岡県庁の子育て支援課に聞いても、

「大きな改善命令や指導はしたことはなく、問題のない園でした」

 これらの評判から置き去り事故を起こすような保育園とは到底思えない。

 だが、取材を進めていくと、反対の意見も多く噴出した。

「40代の女性園長は“子ども嫌い”を公言していて、ずっと独身。あの保育園は家業として継いだだけで、子どもにえらい厳しい人らしい。双葉保育園に通っていた近所の子も“私も叩かれたし、倉庫にも閉じ込められたことがある”って言うとった」(近所の主婦)

園長の信じられない言動

 同園に子どもを通わせていた保護者からはこんな話も。

「あの園長は、子どもにひどいことをする人。特に嫌われている園児がいたんですが、“あんたのお父さんは好かん”ってその子に面と向かって言うんですよ」

 その園児には上にきょうだいがいて、同園の卒園生だったのだが、

「学校に置いてある卒業アルバムを取り出してきて、その子のお父さんの写真の目を園長が黒く塗りつぶしたという話もあってね……」

 園長の園児に対するパワハラとも言える行為。前出の説明会でも、悪いことをしたら園児を叩いたり、倉庫に閉じ込めたりするなど行き過ぎた指導についても、保護者たちが追及。ある保護者からはこんな発言もあった。

「朝のバスで寝ていた冬生ちゃんにお仕置きとして、わざと閉じ込めたのではないか。そのことを園長が忘れてしまい、起きてしまった事故なのではないか」

 だが、園長の回答はなかったという……。

 また、園長のパワハラは職員に対しても行われていたようで、

「歯に衣着せぬ人だから、職員を厳しく怒るんです。ときには怒鳴ったりするから、若い職員はすぐ辞めちゃうんです」(別の保護者)

 パワハラが原因で、園長が送迎バスの運転手をしなければいけないほどの人手不足だったということなのか――。

 同園は園児が130人程度で、職員数は正規と非正規を合わせると30人ぐらいになるという。

「保育園はどこも慢性的な人手不足ですよ。朝7時ごろ開園すると、早出の職員が数人出勤して、登園児童を預かります。0歳児なら、抱っこやおんぶをしなければならず、通常出勤の職員が来るまではてんてこまいです。

 だから同園の園長は自分が運転手をして、一人でも多くの職員が園にいられるようにしたんだと思います。ですが園の総責任者が毎朝、園にいないというのはあまり聞いたことがないです」(前出・保育園関係者関係者)

 事件の真相を知るべく、園長の自宅を訪ねるも、インターフォンを鳴らしても出なかった。電話をかけても出ず、と取材に応じる気配がまったくなかった。

 犠牲になった冬生ちゃんは、明るくて、活発な子だった。

「カレーとパンケーキが大好きな子だった。お母さんは、彼のためにそれをよく作ってあげていたわね」(別の近所の主婦)

 冬生ちゃんの母親を訪ねると、インターフォン越しにこう応えてくれた。

「どうか、お察しください。もう、涙が止まらなくて……」

 警察は現在、業務上過失致死を視野に入れて捜査している。対象は当事者の園長、バスを出迎えて車内の忘れ物を点検する職員、被害児童の担任の3人だという。

 冬生ちゃんのような悲劇をもう二度と繰り返してはいけない。