細野豪志議員

写真拡大

非科学的な報道

 4月13日、東京電力福島第一原発で増え続ける処理水に関し、政府は海洋放出の方針を正式決定した。この処理水放出を巡る「サンデーモーニング」(TBS系列・日・8:00)の報道が物議を醸している。

 ***

【写真】「サンデーモーニング」の司会を務める関口宏

「サンデーモーニング」が問題視されているのは、処理水の海洋放出を巡り、ことさらに不安をあおるなどしたからだ。その報道姿勢を検証するためには、そもそも処理水とは何なのか、確認しておく必要があるだろう。

 朝日新聞は原発に批判的な報道が少なくないが、4月14日の朝刊に「(いちからわかる!)トリチウムって、海に流して大丈夫?」を掲載した。漢字に読み仮名が振られるなど、小学生でも理解できるよう、配慮した解説記事だということが分かる。

細野豪志議員

 福島第一原発では、溶け落ちた核燃料の冷却水に、雨水や地下水などが混ざるなどした「汚染水」の発生が続いた。含まれる放射性物質の大半は濾過装置で取り除かれ、「処理水」として敷地内のタンクに保存されている。このタンク保存も限界に近づいているため、政府は海洋放出を決めた。

 一部に処理水の海洋放出を不安視する声があるのは、トリチウムの除去が極めて難しいからだ。しかし結論から言えば、朝日新聞はトリチウムを含む処理水を海に流したとしても、健康被害が発生するようなことはないとしている。

《トリチウムから出る放射線は弱く、紙一枚で遮(さえぎ)れると言われている。自然界でも宇宙からの放射線で日々トリチウムが作られていて、12・3年で放射能は半分に減る。実際、運転中の原発や使用済み核(かく)燃料の再処理工場からも、濃度(のうど)や量を管理して流している》

コメンテーターの発言

 更に原発からトリチウムを含む処理水が海に流されているのは、海外でも日常的に行われているというのだ。

《日本に限らず、海外でも原発1施設あたり、年間数兆〜数十兆ベクレルを排水している。タンクの水に含まれるトリチウムの総量は約900兆ベクレルで、海水で薄(うす)めて何十年もかけて流すことになりそうだ》

 記事では「危なくない?」という質問に、次のように回答した。

《国の放出基準は1リットルあたり6万ベクレル。この水を70歳(さい)になるまで毎日約2リットル飲み続けても、被曝(ひばく)は国際的に許容されているレベルにおさまるという。福島第一では、基準の40分の1まで薄めるそうだ》

 以上の科学的事実を踏まえながら、「サンデーモーニング」の報道内容を検証していこう。実のところ、問題視されたのはコメンテーターの発言だ。具体的には、4月18日の中央大学総合政策学部教授・目加田説子氏と、5月2日のジャーナリスト・青木理氏の指摘が「非科学的」、「風評被害を誘発する」と批判された。

目加田教授の“恐怖”

 まず目加田教授の発言から紹介しよう。ちなみに目加田教授は国際政治が専門で、地雷の廃絶運動で知られている。そして原子力の専門家ではない。青木氏も同様なのは言うまでもない。

《健康には大きな被害はないんだということが言われてますけど、分からないこともたくさんあるんですよね。実際にそうではないと、いうことを指摘する研究者たち、医学者もたくさんいるわけですね》

《30年40年、ずっと放出し続けるわけじゃないですか。と、それがどういう影響を、環境だけではなくて人体に及ぼしていくのかということも分からないわけですよね》

《海洋放出以外にオプションはなかったのかな、と。どんなことを検討して、それぞれにどれだけのコストがかかるのか、と。で、最終的に海洋放出に至ったというところの経緯の説明もほとんどないんですよね》

《海洋放出を今回スルーしてしまえば、本当に膨大な放射性廃棄物の処理も今後、まあいいんじゃないか、捨てちゃえとか、っていう話になりかねないですよね。そこも怖いです》

「汚染水」と「処理水」

 朝日新聞の記事はしっかりと科学的なデータを示していた。これに対し、目加田教授のコメントは、データを「本当のところは分からない」と明確な根拠を示さずに否定し、「とにかく不安だ」と個人的な感想を言ったに過ぎないことが分かる。

 では、青木氏の発言はどのようなものだったのか、こちらも一部をご紹介しよう。

《人類史でも最大級の原発事故をこの国は起こしてね、福島、僕も取材で通ってますけれども、皆さんご存知の通り、10年経っても今度は汚染水を放出するなんて話をしている》

 青木氏の発言で問題なのは、「汚染水」と「処理水」を一緒くたにしているところだ。ただし、先に紹介した朝日新聞の解説記事でも、「汚染水」の単語しか使っていないのは事実だ。

 福島県在住のフリーランスライター・林智裕氏は2019年10月、現代ビジネスに「原発『処理水』を、なぜマスコミは『汚染水』と呼び続けたのか」を寄稿した。

 文中では、朝日新聞の記事などに「汚染水」と「処理水」の混同が認められると指摘。《誤解や風評、的外れな批判も広まっている》一因になっているとした。

“風評イジメ”

 実際、青木氏の発言には、お笑い芸人のほんこんがTwitterで批判を行ったことで、注目を集めた。

 東スポWebは5月2日、「ほんこんが“サンモニ”青木理氏の汚染水発言を批判『このような発言が風評被害、風評イジメになる』」との記事を配信した。該当のツイートを引用させていただく。

《汚染水を放出と 青木氏がテレビで発言 処理水です この様な発言が 風評被害、風評イジメになるんですよ これ発言は問題になりませんかね》(註:改行などを省略した、以下同)

 自民党衆議院議員の細野豪志氏も青木氏と目加田教授の発言の両方を問題視し、反論するツイートを投稿して話題になった。

 そもそも細野議員は民主党政権だった2011年、原子力損害賠償支援機構担当の特命相を皮切りに、環境相、原子力行政担当相、原子力防災相を歴任した。

 原子力行政に携わった経験があり、特に汚染水と処理水の問題は発生当初から対応してきた。元担当大臣という、この問題の“専門家”であるのは言うまでもない。

細野議員の批判

 ツイートの反響は大きく、メディアも報じた。その中から2紙の見出しをご紹介しよう。

◆細野豪志氏「サンモニ」に「ひどい」原発処理水海洋放出めぐり反論(デイリースポーツ:4月18日)
◆細野豪志議員が“サンモニ”青木理氏の汚染水発言を「風評加害」と批判(東スポWeb:5月3日)

 更に細野議員のツイートもご紹介しておこう。

《サンデーモーニングの処理水についての目加田説子氏のコメントがひどい。「海洋放出以外の方法やコストを検討していない」→ALPS小委で散々やった 「処理水の放出を認めたら燃料デブリもしそう」→同列に扱うわけがない 全く前提知識のない人を知識人として地上波でコメントさせる弊害》

《青木理氏の「原発事故をこの国は起こし、10年たっても皆さんご存じの通り、汚染水を放出するという話をしている」という発言は#風評加害。事故の有無に関係なく、国内外の原子力施設は処理水を海洋放出している。処理水について論じる際、マスコミは安全性について報じるべきだ》

背負った“原罪”

 細野議員に取材を依頼し、ツイートを投稿した経緯や、考える問題点などを訊いた。議員によると4月18日の放送を視聴したのは偶然だったという。

「日曜でも会合の予定などが入っていますから、朝から多忙なんです。あの日は、たまたま『サンデーモーニング』を見ていました。ここで指摘しておきたいのは、番組が行った『処理水』の説明自体は何も問題なかったということです。その後に放送された目加田教授の発言があまりにもひどく、テレビを見ながら、思わず『これはおかしいだろ!』と叫んだのを覚えています」

 ちなみに5月2日の放送は見逃していたが、Twitterに問題視する投稿が行われたことで把握。番組の内容を確認し、改めてツイートで指摘したという。

 話を“原点”に戻せば、大臣経験者として、目加田教授の発言に問題があることはすぐに分かった。だが、実際にツイートを投稿するには熟慮を重ねたという。

「10年前、私は民主党政権の一員として原発事故に対応しました。事故は民主党政権で発生しましたから、『我々政府にも責任がある』と、いわば原罪というか、十字架を背負うような気持ちがあったのは事実です」

「風評加害」

 自分たちを正当化するような発言は慎まなければならないと考えてきた。だが、あれから10年が経った。福島第一原発の問題も、むしろ風化が心配されるようになってきた。

 3月に細野議員は社会学者の開沼博氏と共著で『東電福島原発事故 自己調査報告』(徳間書店)を上梓した。国際政治学者の三浦瑠麗氏が4月、日経ビジネスに「読むべき1冊『東電福島原発事故 自己調査報告』〜原発事故からの10年」を寄稿するなど話題になっている。

「10年が経ち、自分の姿勢を見直してもいいのではないかと思うようになりました。『風評被害』があるならば、『風評加害』があります。あまりに科学的データや事実と異なる発言に対しては、訂正を求め、正しい事実を多くの方々に知ってもらうべきではないかと考えたのです」

 躊躇がなかったわけではない。現職の政治家として、報道を萎縮させることへの懸念もあった。

「番組スタッフの皆さんはプロとしての矜持をお持ちでしょう。門外漢にあれこれ言われるのは、やはり気分のいいものではないはずです。更にマスコミを批判するのも勇気がいります。私が世論の反発を買い、返り血を浴びてしまうかもしれない。とはいえ、汚染水の処理現場で、関係者の皆さんがどれだけ苦労してきたかを思い出せば、看過することはできませんでした」

専門家の出演

 汚染水を処理し、タンクに貯めると書けば簡単だが、現場では技術的な課題を1つ1つクリアしていく必要があった。処理技術も当初と今では性能が著しく向上しているが、これは技術者たちなどの尽力の結果だ。おまけに現場では作業員数人が労災事故で亡くなっている。人命が失われたことを想えば、間違った報道を是正しないわけにはいかなかった。

 細野議員は「原発の問題は専門的な知識が不可欠であり、番組にレギュラー出演しているコメンテーターにだけ見解を求めるのは問題がある」と指摘する。

 目加田教授が国際政治に、青木氏が公安警察についてコメントする場合は、専門家と言っていい。

 内閣の支持率や、殺人事件の社会に対する影響、はたまた芸能ニュースやスポーツについてコメントしても、問題となることは少ない。むしろ視聴者の共感を得られる場合もあるだろう。

「しかし原子力政策の場合は、知識のない人がコメントするのは、世論に与える悪影響が大きすぎます。『サンデーモーニング』に限らず、番組で取り上げ、コメントを視聴者に紹介する必要がある時は、原発の専門家にも出演を依頼すべきでしょう」

中韓への対処法

 細野議員は「何が何でも海洋放出に賛成しろ」と主張しているわけではない。地元の漁協が反対を訴えることについては「当然です」と理解を示す。

 あくまでも科学的に間違った見解が独り歩きすることを懸念し、ツイートを投稿した。その結果、世論の冷静さも実感することができたという。

「私のツイートも、ネット上では冷静に受け止めてもらったと思います。そもそも世論調査を見ると、多くの人が海洋放出に理解を示しています。反対を表明する場合でも、風評被害を懸念している方が少なくありません。何が何でも反対という人はごく少数だと思います」

 自分たちの原発が同じように処理水を海洋に放出していることもあり、欧米の論調も冷静だ。その一方で、中国と韓国が政府レベルで放出反対の論陣を張ったことは記憶に新しい。日本政府の対応を求める声もあるが、細野議員は「冷静になることが重要」と指摘する。

苦境をチャンスに

「韓国は処理水を海洋に放出しています。しかも日本よりトリチウムの濃度は高いのです。中国も核保有国ですから、専門的な知見は充分に持っています。その上で、両国とも意図的なキャンペーンを行っているわけです。この場合、日本は無駄なことは言わず、淡々と海洋放出を行うべきです。放出した処理水のデータを公表するなど、しっかりとしたエビデンスを示すことが何よりも国際世論には効果的でしょう。下手に中韓と協議を行ったりすると、向こうのペースに巻き込まれてしまいます。毅然とした態度が求められているのではないでしょうか」

 福島第一原発の廃炉にしても、細野議員は「決して悲観視はしていない」と言う。汚染水の処理現場を筆頭に、この10年でどれだけ技術が進歩したか、目の当たりにしてきたからだ。

「重要なのは苦境をチャンスとして捉える意思だと思います。福島第一原発の廃炉に向けた道のりが大変な状況なのは言うまでもありません。とはいえ、第一原発を新技術の実験場として捉え直すと、違った光景も見えてきます。高濃度に放射能汚染された場所で、無人で複雑な作業ができる技術が生まれれば、様々な分野にも転用が可能です」

デイリー新潮取材班

2021年5月16日 掲載