新型コロナウイルスの影響が日増しに拡大するなか、各企業は“決断”を迫られている。東京都内だけで、4月5日の感染確認数は143人、累計は1000人を超えた。事態の悪化を受けて、安倍晋三首相は6日、1ヶ月間に及ぶ「緊急事態宣言」を発令することを表明。本日7日の午後7時からの記者会見で国民に対して説明をするとしている。

【画像】延期が発表されている主な人気ドラマの写真を見る

 しかし、こうした情報を伝えるライフライン「テレビ業界」も制作の現場は窮地に追い込まれている。

 NHKは4月1日、大河ドラマ『麒麟がくる』と連続テレビ小説『エール』について、当面の収録を見合わせることを発表した。さらに、TBSは今春のドラマ3作の初回放送の延期を発表。翌2日には、「4月4日から19日までの2週間、ドラマやバラエティにおけるロケとスタジオ収録の休止」も決定した。その後も、テレビ東京が在宅勤務の強化をはかり、3日から1週間を目処に全社員の2割程度の出社で放送をすることとし、原則は収録を休止するとしている。

 これに続いて、6日には日本テレビがドラマ・バラエティ番組のスタジオ収録・ロケを2週間、中止することを発表したほか、新ドラマの放送延期も決定している。7日にはフジテレビも、「ごく小規模の関係者で感染防止対策を充分に講じることができる番組以外の、ロケやスタジオ収録を当面の間控える」と発表した。

 NHK子会社の技術職やTBSの派遣スタッフ、テレビ東京の派遣社員の感染も実際に確認されている。


『麒麟がくる』(NHK)は4月1日以降に予定していた収録を当面見合わせることを発表している(公式HPより)

 日増しに状況が深刻化するなか、いまテレビ業界はどうなっているのか--。各テレビ局で働く社員に現状と、「本当のところ」を取材した。

 ◆◆◆

「私たちスタッフはマスク着用しているけど……」

「局としての正式発表はありませんでしたが、3月末ごろに『ロケ取材やそのためのロケハンなどは控えるように』という指示がすでに上司からありました」

 こう話すのは、大型情報番組を担当する制作会社勤務の若手AD(20代・女性)。スタジオ収録では、最近よく見るようになった「出演者の間隔をあける」を実践しているという。

「スタジオ収録で私たちスタッフはマスク着用がほぼ義務化されているのですが、出演者の方はマスクなし。万が一スタッフが感染して移してしまったら大変なことですから打ち合わせや立ち話でも、必要以上に距離感などに気を遣わないといけない。正直、しんどいです」

 お店など外での取材も多い番組だが、断られる回数は増えなかったという。

「取材をしにお店に伺うとどこもガラガラ。でもこんな時だからこそお店を宣伝してくれるなら……と引き受けてくださるお店もあります」(同)

 ロケにあたっては、密集空間で感染につながりかねないロケバスを当分の間はなるべく使わないようにしている。

 また同じく大型情報番組の制作に携わる制作会社若手AD(20代・男性)も、出演者からはこんなことを聞いたと言う。

「『確実に仕事は減っていてしんどい。基本的に給料はしばらく経ってから振り込まれるので、この影響がガツンと響いてくるのは多分もう少し先の秋ごろ。その穴埋めをどうやってしたらいいのか……』と話していました。その方は売れっ子でテレビ出演も多い人なのに、そこまで大変なのかと驚きました」

「正直、撮影が休止になってホッとしています」

 一方、連続ドラマの現場で3月中旬から撮影を始めていたという制作会社勤務の若手AD(20代・男性)も「3月末に撮影をしていたら急遽プロデューサーから『当分撮影は休止します』と言われました」と明かす。

「撮影を進めていくなかで、どんどん新型コロナウイルスの影響が増してきて、誰も声にはしませんでしたが『撮影続けていていいのかな……?』という不安が全スタッフにあったと思います。正直、撮影が休止になってホッとしています」

 外での撮影もあり、大人数のスタッフが帯同して撮影が行われるドラマの現場。新型コロナウイルスの対策はどうなっていたのだろうか。

「注意書きみたいなものを全員に配布して、マスクもなんとか用意してエキストラにまで配布していました。室内の撮影では気づいた人が換気をこまめにするということもしていました」(同)

 ある程度の対策は講じていたようだが、「正直、これで対策になっているのか?」という不安も尽きなかったという。

「体温計も準備していたのですが、結局義務化されてはいないので気づいた人や暇になった人が思い出して測るくらいのもの。出演者もマスクをすると、ヘアメイクが崩れてしまうことから常に着用はしていませんでした」(同)

新型コロナだろうと「作品は納期もあるし、放送日も決まっている」

 ドラマは大手テレビ局が放送責任を持っていて、撮影自体は下請けの制作会社が行うことが多い。そのため実際の現場にはテレビ局員は少なく、制作会社の社員とフリーランスの人間が多いのだという。

「ドラマの現場ではカメラマンや音声さんなどフリーランスの方が多いので、僕ら以上に不安を抱えて撮影に参加していたと思います。彼らは保障してくれる人がおらず、自分の身は自分で守らなければいけませんから。現に一人の方から『このまま撮影に参加していてはいつ感染するか分からないからお休みさせて欲しい』という長文のメールが来ました」(同)

 その彼もテレビ局が止めてくれないことには撮影を続けざるを得なかった心中を「いつ感染するのか……正直、怖かった」と振り返る。

「ある程度保障されていると言っても、僕らの裁量では会社が『撮影を止めてください』と言ってくれなければ止めることはできません。世の中では“不要不急の外出は控えるように”と言われていたって、現に作品は納期もあるし、放送日も決まっているし、放棄するわけにはいかないんです」(同)

 制作していたドラマは4月中旬までの撮影休止が決まっているというが、作品の完成度には問題は出ないのだろうか。

「脚本の構成を変えることでどうにか対応することになると思います。例えば、ロケ地を減らして移動時間を節約するとか、キャラクターを減らすなどでしょうか」(同)

「本社ビルとスタジオには入館規制が……」

 そんななか、各テレビ局の本社ビルや保有するスタジオでは施設に入れる人数を制限するなど対応を強化しているという。

「3月末から出入口が1つに統一されました。入るのにも体温測定が義務化されています」(制作会社・情報番組担当/20代・男性)

「本社のテレビ局でも、3月末からはたとえ社員でも本社ビルとスタジオに入館規制がかかるようになりました。放送に直結する業務の人以外は基本、来ないでくださいというような。会議も全てオンラインです」(制作会社・イベント担当/20代・女性)

「スタジオ収録・ロケ取材停止」でテレビはどうなる?

 厳しい状況が続くが、冒頭で紹介した大型情報番組を担当する制作会社勤務の若手AD(20代・女性)は「いまだからこそ、やりがいを感じる」と話す。

「やはり休校措置やテレワークなどで外出を控えている人が増えているせいか、番組の放送中にSNSでエゴサーチをしているといつも以上に反響が多くなっているんです。特にいつもは少ない若者の意見や感想を見たときに、やりがいを感じる。こんな時だからこそ、視聴者に情報を届けたいなと」

 実際に一部の報道番組や情報番組では、新型コロナウイルスの影響からか2月末から少しずつ視聴率の上昇が見られる。『NHKニュースウォッチ9』は、安倍首相による全国の小中学校へ向けた休校要請が出される直前(2月17日〜23日)の番組平均世帯視聴率が12.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったのに対して、最新の3月23日〜29日は17.9%(同)と、5.5%も上がっていた。

 さらに、一部の番組では出演者が自宅からテレワーク出演を敢行するなどの対策がされていたが、各局がこぞって「スタジオ収録・ロケ取材停止」の決断を下した。これによる影響は今後どうなっていくのか。

「担当する情報番組では、会社からの発表前から総集編の準備が始まっていました。僕も自分が担当するコーナーの出演者の皆さんにお話をして作業を進めていて、とりあえずはそれで編成をすることになると思います。番組によっては、未公開映像なども使うかもしれません」(前述の制作会社勤務/20代・男性)

 TBSは、5日から初回放送がスタートするはずだった日曜劇場『半沢直樹』に代わって、過去作の再編集版を放送している。SNSでは、テレビ局に再放送して欲しい過去の名作ドラマを投稿するハッシュタグ「#再放送希望ドラマ」も話題になっている。

 報道によると、政府が検討している「非常事態宣言」の期間は1ヶ月。その後もしばらくは混乱が続くと予想できる。テレビ業界はこの難局を乗り切ることが出来るだろうか。

(「文春オンライン」編集部)