税理士のせいで相続税2000万円損した50代男性の地獄 「報酬は600万円」

ざっくり言うと

  • ある50代男性は伯父の資産を巡り、相続人1人につき2000万円も損をしたそう
  • 地元の高圧的な税理士に申告を依頼すると、2.7億円の相続税を支払うことに
  • 報酬も600万円要求されたが、別の税理士が再調査し税額が修正されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x